JAF推進早期ヘッドライト点灯キャンペーン画像 JAF推進早期ヘッドライト点灯キャンペーン画像

ヘッドライトの早期点灯を心がけましょう

JAF Safety Lightでは、日没30分前からヘッドライトを点灯する啓発活動を展開しています。

なぜ早めのヘッドライト点灯が必要なの?

普段、暗くなると意識することなく点けるヘッドライト。
ヘッドライトを点灯するのは、ドライバーの視界を確保するためだけではありません。自分の存在を他者に知ってもらうためでもあります。
あなたが点灯することで他のクルマはもちろん、歩行者や自転車に乗る方があなたの存在にいち早く気がつけます。
暗くなるにつれて見えにくくなっていくのは、ドライバーも歩行者も同じ。
事故を防ぐ最も簡単な手段として、ヘッドライトの早期点灯が有効です。

点灯のタイミングは? 

春分の日没時間

☆東京 17:53

点灯のタイミングとしては、「日没前」の時間帯が効果的です。
日没時間は季節によって異なります。また、日本は縦に長い地形なので、日没時間は同じ日でも地域によって異なります。

日没後でも空には明るさが残っているため、人は「まだ明るい」と錯覚しがちですが、
実はもう、日没時間は過ぎていて、ヘッドライトを点灯しなければいけない「夜間」の時間帯になっています。

暗くなる前の「日没30分前」を目安に、早期点灯を心がけましょう。

2020年4月から「オートライト機能」が義務化

オートライトはいつ点く?

薄暮の時間に注意 

ヘッドライト点灯で防ぐ「雨」「霧」「トンネル」での事故

ヘッドライトに関する疑問をチェック

JAFの調査データをチェック