JAFを呼ぶ前に

救援要請時の確認事項や注意事項、対象車種のご案内

注意

まずは安全確保を

高速道路上は大変危険です。
ガードレールの外側など安全な場所に避難してから救援要請をしてください。

「高速道路で緊急停車」する際の注意点はこちら

電話でJAFからおたずねすること

スムーズに受け付けするため、以下をご確認ください。

どんなクルマですか?

車名、ナンバー、ボディカラーをご確認ください。
対象車種について

どんなトラブルですか?

クルマのトラブル状況、対応してほしい内容を詳しく教えてください。※1

クルマはどこにありますか?

地名、住所、目印をご確認ください。※2

会員証はお持ちですか?

プラスチックの会員証かデジタル会員証をお持ちの方は、会員番号をご確認ください。
会員証について

※1 ロードサービスの内容および作業範囲は以下をご確認ください。
ロードサービス利用約款

※2 高速道路で非常電話を利用できない場合の目印について
高速道路名、進行方向およびキロポスト表示をご確認ください。キロポスト表示は各高速道路などの起点からの距離を示すもので、道路の両側 100mごとに表示されています。

対象車種

車両重量3,000kg以下(最大積載量2,000kg以下)の自動車・バイクが対象です。
3000kgを超えるバスやトラックは「燃料切れ」「キー閉じこみ」のみ対応します。
電気自動車や燃料電池自動車が電池切れおよび水素切れとなった場合は、充電ステーションまたは水素ステーションまで搬送します。
詳しくは以下をご覧ください。

ロードサービスご利⽤時のお願い

お客様の安全のため、スムーズな作業のためにお願いがあります!

1:安全対策について

道路上での故障・事故の場合、二次的な事故防止のため停止表示器材などで安全対策を行ってください。特に、高速道路・自動車専用道路上は大変危険ですので、サービスカーが到着するまで、必ずガードレールの外など安全な場所でお待ちください。

2:作業時間について

高速道路・自動車専用道路での作業は、大変危険をともなうことから、作業などの安全確保に必要な措置を講ずるために、時間を要する場合がありますのでご協力をお願いします。

3:ご本人の確認

作業の内容により、ご本人確認のため運転免許証、自動車検査証などの確認をさせていただく場合があります。

4:関係先への連絡

救援要請内容が第三者の管理する場所および所有物などにかかわる場合には、関係先に連絡のうえ承諾を得てください。

5:サービスカー到着にかかる費用負担について

有料駐車場の駐車料、カーフェリーの往復乗船料等、サービスカーが到着するのに別途費用が必要な場合は、当該費用のご負担をお願いいたします。

6:パンク修理について

パンクの応急修理は、チューブ入りタイヤや二輪車の前輪タイヤなど、現場でできない場合がありますので受付時にご相談ください。

7:救援要請が集中した場合

大雨や大雪、災害時などで救援要請が集中した場合に、お電話がつながりにくいことがあります。その際は「救援アプリ JAFを呼ぶ」をご利用ください。また、ロードサービスカーが到着するまでに時間を要する場合や道路事情などにより到着することができない場合がありますので、ご了承ください。

救援アプリ「JAFを呼ぶ」

2018年3月28日改定