よくあるロードサービス出動理由

JAFに寄せられる1年間の救援要請は211万件以上(2020年度)、およそ14.9秒に1件の割合です。特に、ゴールデンウィークやお盆、年末年始の連休は、救援要請が増加します。ドライバーのうっかりミス、メンテナンス不足などから救援要請につながるケースが多くありますので、安全で楽しいドライブのために、おでかけ前に定期点検を心がけましょう。

2020年度 JAFロードサービス出動件数(全国合計)

2020年4月~2021年3月累計

  四輪 二輪 四輪・二輪合計
一般
道路

1,995,337件

68,737件

2,064,074件

高速
道路

51,548件

1,863件

53,411件

合計

2,046,885件

70,600件

2,117,485件

2020年度 JAFロードサービス出動理由TOP3

2020年4月~2021年3月累計

一般道路と高速道路での四輪・二輪合計の出動理由TOP3は、1位が「バッテリー上がり」、2位が「タイヤのパンク」、3位が「落輪・落込」となっています。これら3つが全体の約67%を占めており、ドライバーのうっかりミス、メンテナンス不足などの人的要因が多いことが分かります。

四輪のタイヤトラブルについては、一般道路と高速道路で大きな違いがあります。
一般道路におけるタイヤのトラブルが全体の約18%なのに対し、高速道路は約38%と2倍以上になっています。
また、高速道路ではバースト(破裂)が多く見られるのが特徴です。高速道路での高速連続走行はタイヤへの負荷が大きく、空気圧が低下しているとタイヤのたわみ(変形)が大きくなります。連続したタイヤのたわみによりタイヤが発熱し、最後にはバーストしてしまいます。この現象を「スタンディングウェーブ現象」といいますが、バーストにいたらなくてもセパレーション(はく離)を起こすなどの危険があります。

順位 出動理由 件数 構成比
1 バッテリー上がり 882,740件
(四輪:863,612件/二輪:19,128件)

41.69%

2 タイヤのパンク 382,439件
(四輪:373,112件/二輪:9,327件)

18.06%

3 落輪・落ち込み 143,902件
(四輪:143,515件/二輪:387件)

6.80%

道路別の出動理由TOP3

  • 一般道路
  • 高速道路

【一般道路】

  順位 出動理由 件数 構成比
四輪 1 過放電バッテリー

714,435件

35.81%

2 タイヤのパンク、バースト、
エアー不足

353,073件

17.69%

3 破損/劣化バッテリー

145,934件

7.31%

二輪 1 過放電バッテリー

14,625件

21.28%

2 タイヤのパンク、バースト、
エアー不足

9,160件

13.33%

3 破損/劣化バッテリー

4,364件

6.35%

対象期間:2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)

【高速道路】

  順位 出動理由 件数 構成比
四輪 1 タイヤのパンク、バースト、
エアー不足

20,039件

38.87%

2 燃料切れ

6,050件

11.74%

3 事故

3,885件

7.54%

二輪 1 燃料切れ

449件

24.10%

2 タイヤのパンク、バースト、
エアー不足

167件

8.96%

3 発電機/充電回路

111件

5.96%

対象期間:2020年4月1日(水)~2021年3月31日(水)

ゴールデンウイーク、お盆、年末年始には救援要請が急増!

2020年度 シーズン別の出動件数・出動理由(四輪・二輪合計)

  • ゴールデンウイーク
  • お盆
  • 年末年始

【ゴールデンウイーク】

一般道路

順位 出動理由 件数 構成比
1 過放電バッテリー

17,145件

43.17%

2 タイヤのパンク、バースト、
エアー圧不足

6,249件

15.74%

3 破損/劣化バッテリー

2,659件

6.70%

4 キー閉じ込み

2,205件

5.55%

5 落輪・落込

1,984件

5.00%

6 事故

1,122件

2.83%

7 燃料切れ

517件

1.30%

8 スパークプラグ

477件

1.20%

9 発電機/充電回路

466件

1.17%

10 スタータモータ

415件

1.05%

以上計

33,239件

83.70%

その他合計

6,472件

16.30%

総合計

39,711件

100.00%

高速道路

順位 出動理由 件数 構成比
1 タイヤのパンク、バースト、
エアー圧不足

256件

35.16%

2 燃料切れ

96件

13.19%

3 事故

48件

6.59%

4 過放電バッテリー

34件

4.67%

5 発電機/充電回路

19件

2.61%

6 エンジンオイルの不足、補充

17件

2.34%

7 補機駆動ベルト

10件

1.37%

8 ラジエター

9件

1.24%

9 キー閉じ込み

8件

1.10%

10 冷却水不足

8件

1.10%

以上計

505件

69.37%

その他合計

223件

30.63%

総合計

728件

100.00%

調査期間:2020年4月29日(水)~2020年5月6日(水)

【お盆】

一般道路

順位 出動理由 件数 構成比
1 過放電バッテリー

17,569件

29.43%

2 タイヤのパンク、バースト、
エアー圧不足

10,625件

17.80%

3 破損/劣化バッテリー

4,201件

7.04%

4 落輪・落込

3,705件

6.21%

5 キー閉じ込み

3,445件

5.77%

6 発電機/充電回路

1,947件

3.26%

7 事故

1,889件

3.16%

8 燃料切れ

1,469件

2.46%

9 スタータモータ

804件

1.35%

10 ハンドルロック・キー作動機構

771件

1.29%

以上計

46,425件

77.77%

その他合計

13,268件

22.23%

総合計

59,693件

100.00%

高速道路

順位 出動理由 件数 構成比
1 タイヤのパンク、バースト、
エアー圧不足

909件

38.18%

2 燃料切れ

240件

10.08%

3 事故

93件

3.91%

4 過放電バッテリー

89件

3.74%

5 発電機/充電回路

82件

3.44%

6 オートマチックミッション

36件

1.51%

7 破損/劣化バッテリー

36件

1.51%

8 ベルト駆動機器・プーリーのステー類

28件

1.18%

9 冷却水不足

26件

1.09%

10 キー閉じ込み

25件

1.05%

以上計

1,564件

65.69%

その他合計

817件

34.31%

総合計

2,381件

100.00%

調査期間:2020年8月8月(土)~2020年8月16日(日)

【年末年始】

一般道路

順位 出動理由 件数 構成比
1 過放電バッテリー

16,161件

38.04%

2 タイヤのパンク、バースト、
エアー圧不足

5,505件

12.96%

3 破損/劣化バッテリー

3,946件

9.29%

4 落輪・落込

3,813件

8.98%

5 キー閉じこみ

1,600件

3.77%

6 事故

1,385件

3.26%

7 スパークプラグ

1,072件

2.52%

8 燃料切れ

807件

1.90%

9 ハンドルロック・キー作動機構

502件

1.18%

10 発電機/充電回路

482件

1.13%

以上計

35,273件

83.03%

その他合計

7,210件

16.97%

総合計

42,483件

100.00%

高速道路

順位 出動理由 件数 構成比
1 タイヤのパンク、バースト、
エアー圧不足

240件

25.78%

2 燃料切れ

101件

10.85%

3 事故

89件

9.56%

4 過放電バッテリー

45件

4.83%

5 発電機/充電回路

29件

3.11%

6 タイヤチェーン

20件

2.15%

7 エンジンオイルの不足、補充

12件

1.29%

8 オートマチックミッション

12件

1.29%

9 クラッチ機構(ロッド、ワイヤー含む)

11件

1.18%

10 クリップ・ハブ・ベアリング

11件

1.18%

以上計

570件

61.22%

その他合計

361件

38.78%

総合計

931件

100.00%

調査期間:2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)

よくあるクルマのトラブルを防ぐには?

バッテリー上がり

バッテリー上がりの原因は、「過放電」と「破損・劣化」の2つです。
過放電によるバッテリー上がりでよくあるケースが、ライト類や室内灯の消し忘れ、半ドアによる室内灯の点灯です。降車時にチェックするよう心がけましょう。
また、エアコンを駆使する夏季は、電気が作られる量と使う量の不釣り合いからトラブルが発生しやすくなっています。さらに、夏季のバッテリーの酷使で冬季にトラブルを起こすこともあります。特に夏季はエアコンなど電装品の使いすぎに注意しましょう。
バッテリーには寿命があり、一般的に2~3年と言われています。ただ状況によっては交換時期が早まる可能性もありますので、破損・劣化がないか1カ月に1回は点検しましょう。

詳しい点検方法はこちら

タイヤのパンク

パンクにはゆっくりと空気が抜けていく「スローパンクチャー」や、タイヤが破裂する「バースト」などがあります。
タイヤに問題がなくても、タイヤ内の空気は自然に抜けていきます。バーストも空気圧不足が主な原因です。少なくとも1カ月に1回は空気圧の点検や、亀裂や損傷がないかをチェックしましょう。
また、クルマにスペアタイヤが積んであるかどうか確認しておくことも大切です。スペアタイヤ搭載車であれば、スペアタイヤの空気圧も定期的に点検しましょう。非搭載車であれば、パンク修理キットの説明書に使用の際の注意点や修理剤の有効期限が記載されている場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

詳しい点検方法はこちら

キー閉じこみ

キーの閉じこみの要因は、電子キーの電池切れや、車内にキーを残したまま外に出てうっかりドアをロックしてしまうケース、車内で留守番中の子どもやペットが誤って内側からロックしてしまうケースなどがあります。
対策として、「ロックするときは必ず鍵を用い、車外からロックする習慣をつけること」「スペアキーを携帯すること」「電子キーの場合、内蔵電池は1~2年程度を目安に交換すること」を心がけましょう。

電子キーの電池切れの注意点とは?

ハンドルロック

ハンドルロックとは自動車盗難対策の防犯機能のことで、キーを抜いたままハンドルを回すとロックがかかり、ハンドルが動かなくなります。また、キーが回らず、エンジンが始動できない場合があります。
ハンドルロックを解除するには、キーを鍵穴に差して回しながら、ハンドルを左右に動かします。エンジンスタートスイッチを押すタイプのクルマでも、ハンドルを左右に動かしながら、エンジンスタートスイッチを押すとハンドルロックは解除されます。

エンジンがかからないときは?

意外にあるクルマのトラブルにもご注意を!

燃料入れ間違い

セルフ式給油スタンドの普及にともない、「軽自動車に軽油」を入れてしまうなど、燃料入れ間違いのトラブルが発生しています。
マイカーではない車両や、初めて乗る車両に給油する時は、必ず車検証や取扱説明書で燃料の種類を確認し、慎重に給油するよう心がけましょう。

間違った燃料を給油した場合に起こるトラブルとは?

エンジンルームに猫

エンジンルームに猫が侵入していることに気づかず、エンジンをかけてしまう。そんないたましい事故が起こることがあります。
対策として、ボンネットをパンパンと叩く方法やエンジンをかける前にクラクションを鳴らす方法などがあります。乗車前に「猫がいるかもしれない」と注意することが大切です。

猫がエンジンルームに入ることを知っていますか?

関連リンク

その他にも日常点検で防げるクルマのトラブルがあります。日常点検の方法や、万が一、トラブルが起きてしまった際の対処法をご紹介します。