事業内容

わたしたちが取り組んでいる事業についてご紹介します。

事業内容

日本全国のJAF会員

JAFは自動車ユーザーの会員団体。

全国で約1,990万名もの方がJAFに入会しています。

会員数
19,951,161名
個人会員 13,033,389名
家族会員 6,083,163名
法人会員 834,609名

※2021年8月末時点

  • 個人会員
    個人名義で入会する会員です。すべてのJAFのサービスを受けられます。
  • 家族会員
    個人会員と同居または生計を一にする家族を対象とした会員です(個人会員に対して5名まで入会可能)。
  • 法人会員
    会社名や団体名で入会する会員です。車両の登録が必要で、JAFに登録された車両のみ、ロードサービスを利用できます。

くるま社会のセーフティネット

約14.9秒に1件の割合(2020年度)で救援活動をしています。

いつどこで起きるかわからない車両のトラブル。ドライバーやライダーの安心のため、そして安全で円滑な交通環境を維持するため、24時間・365日、全国どこへでも出動しています。

  • ロードサービス事業
  • 災害発生時の特別支援隊派遣
  • 地域防災訓練への参画

くるま社会のセーフティネットの活動報告

会員優待サービスとイベント

多様化する会員のライフスタイルに寄り添い、いつでも会員メリットを感じていただける会員優待サービスを提供しています。その他、ドライブ旅行を楽しむための情報のご提供や会員向けイベントの開催、プレゼント企画なども実施しています。

  • 会員優待サービス
  • ドライブ情報提供
  • プレゼント企画
  • イベント企画
  • JAF通販
  • 永年継続会員特典

会員優待サービスとイベントの活動報告

社会課題への取り組み

人々の生活や意識の変化を捉え、個人や社会全体に向けた啓発活動や、ユーザーの疑問解決につながる動画の配信、機関誌への掲載をおこなっています。

  • 実技型講習会開催
  • 先進安全技術の普及啓発活動
  • 交通安全啓発ウェブコンテンツ
  • 自動車ユーザー負担軽減要望活動
  • ユーザー実態調査
  • 「交通安全実行委員会」を通じた道路環境改善提案
  • 「JAF交通安全ドレミぐるーぷ」活動
  • 「思いやりティドライブ」キャンペーン
  • 外国運転免許証翻訳
  • 自動車カルネ発行

社会課題への取り組みの活動報告

モータースポーツの振興

JAFは、FIA(国際自動車連盟)公認のわが国で唯一の四輪モータースポーツ統括団体です。気軽に参加できるモータースポーツイベントや、ライセンスを持っていなくても参加できる「オートテスト」の開催など、競技人口・ファン層の拡大に努めています。

  • 競技会公認
  • 規則制定
  • ライセンス発給
  • 表彰式開催

モータースポーツの振興の活動報告

コミュニケーション

カーライフを豊かにするための情報を会員の皆さまのお手元に届ける機関誌「JAFMate」の発行や、いつでもどこでもJAFのサービスや活動が分かるデジタルツールの活用を図っています。

  • JAFスマートフォンアプリ
  • Twitter、Facebook、Youtube
  • 機関誌『JAFMate』『JAFPLUS』の発行
  • 『JAFスポーツ』の発行

コミュニケーションの活動報告