衝突被害軽減ブレーキ/圧雪路と氷盤路で検証(JAFユーザーテスト)

テスト実施日・諸条件

実施日 2017年2月13日(月)
テスト場所 交通科学総合研究所(北海道士別市)
テスト内容

雪道でも衝突被害軽減ブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)が適切に作動して、障害物との衝突を回避できるのかを検証した(新品スタッドレスタイヤを装着)。速度は10km/hと30km/h、路面は圧雪路と氷盤路で行った。

※圧雪路とは雪が踏み固められた状態の路面
※氷盤路とは凍結した路面(アイスバーン)
※テストは速度と路面状況別にそれぞれ3回実施。

テスト結果

結果は上記の表の通り。

  • いずれの場合も障害物を検知してシステムは作動したが、圧雪路の10km/h以外は止まることができず、停止車両に見立てた障害物に衝突してしまった。
  • 自動車メーカーが作動には条件があるというように滑りやすい路面の場合、衝突被害軽減ブレーキ(いわゆる自動ブレーキ)が十分に効果を発揮できないことがあり、過信は禁物である。
  • 車種、検知システム、路面状況により結果は異なります。

雪道では先進安全機能に頼りすぎない、安全な速度と十分に車間距離をとった運転を心掛けましょう。

関連リンク