ドライバーを支援する最新システム「先進安全自動車(ASV)の紹介」

新しいクルマの技術
閉じる

ASVとは

ASV(先進安全自動車)とは、先進技術を利用してドライバーの認知・判断・操作をサポートし、安全を支援するシステムを搭載した自動車です。

各メーカーによって、これらの技術が実用化されています。

そして、その技術は今後さらに進歩することが見込まれます。

※認知とは対象物を見て、何であるか認識すること。

ASV(先進安全自動車)の基本的な考え方

1.ドライバーを支援する技術

  • 安全運転の主体はドライバーでありASVはそれを支援するもの
  • ドライバーに過信を招かせないように配慮した設計にすること

2.ドライバーが安心して使える技術

  • ドライバーが、システムの作動状態を確認できること
  • システムが行う制御にドライバーが介入できること

※作成したCG動画では、ドライバーの補助的機能であり万能ではないことをナレーションに入れています。

3.社会から受け入れられること

  • 安全性が後退しないこと
  • 他の車や歩行者からの理解されること

各機能紹介

1.衝突被害軽減ブレーキ

車両相互事故で最も多い形態が追突事故です。

衝突被害軽減ブレーキは、追突事故の被害を軽減または回避することを目的とした先進安全装備です。

衝突被害軽減ブレーキは、車の前部に取り付けられたセンサーが前方の車や障害物を検知し、衝突の危険が高まると警報としてドライバーに音や警告灯で回避行動を促します。

このときドライバーが回避行動を行わない場合、ドライバーに代わり自律自動ブレーキを作動させます。

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。

・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

センサーは大きく分けて3種類

センサーは大きく分けて3種類あります。

ドライバーは一次警報後、ブレーキを踏みましょう

衝突の危険が近づくと警報が発せられます。ドライバーはブレーキを踏みましょう。

ドライバーによる回避行動がない場合、二次警報、自律自動ブレーキが作動

ドライバーによる回避行動がない場合、自律自動ブレーキが作動します。

関連動画

2.ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進抑制制御機能)

駐車場へ入出庫を行う際、ブレーキペダルを踏まなければならない状況で誤ってアクセルペダルを踏んでしまうことがあります。

ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進抑制制御機能)は車載のセンサーが障害物を認識している状態で誤ってアクセルペダルを踏み込んでしまった場合、警告音でドライバーにブレーキ操作を促し、同時にエンジンの出力を抑え、数秒間、急発進を抑制する先進安全装備です。

衝突が避けられないとシステムが判断した場合には、自動的にブレーキ制御が行われる車種もあります。

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。

・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

駐車場から後退で出庫する際、ドライバーはシフトレバーを間違えてDレンジを選択してしまうことがあります。

駐車場から後退で出庫する際、ドライバーはシフトレバーを間違えてDレンジを選択してしまうことがあります。

車載のセンサーが前方の障害物(この場合は建物)を認識している状態で、アクセルペダルを深く踏み込むと警告音が発報され、同時にディスプレイ表示によってドライバーにブレーキ操作を促すとともにエンジン出力を数秒間、抑制します。

車載のセンサーが前方の障害物(この場合は建物)を認識している状態で、アクセルペダルを深く踏み込むと警告音が発報され、同時にディスプレイ表示によってドライバーにブレーキ操作を促すとともにエンジン出力を数秒間、抑制します。

センサーの認識範囲は車両ごとに異なります。必ず取扱説明書で確認しましょう。

センサーの認識範囲は車両ごとに異なります。必ず取扱説明書で確認しましょう。

3.車間距離制御装置(ACC)

長距離を走行する場合、前の車との間隔を自動的に維持して走行することにはさまざまなメリットがあります。

車間距離制御装置は、車の前部に取り付けられたセンサーが前の車を認識し、システムがアクセル操作とブレーキ操作を行なうことで車間距離を一定に保ち、「ドライバーの疲労軽減」および「安全車間の確保」、「サグ部分での減速を防ぐことによる渋滞緩和」に貢献します。

※サグ部分とは道路が下り坂から上り坂に変わる部分

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。

・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

システムは前走車に合わせて加速減速をして追従走行をします。

システムは前走車に合わせて加速減速をして追従走行をします。

ドライバーのアクセル操作によって加速させることも可能です。ブレーキ操作を行うと追従走行は解除されます。

ドライバーのアクセル操作によって加速させることも可能です。ブレーキ操作を行うと追従走行は解除されます。

隣の車線から割り込まれた場合、適正な車間距離確保のため減速します。

隣の車線から割り込まれた場合、適正な車間距離確保のため減速します。

選ぼう使おうACC

先進安全自動車に装備されているACCの機能や使い方などについて詳しく紹介します。高速道路で長距離を走行する際には、大きなメリットがあります。

選ぼう使おうACC

4.車線逸脱警報装置

自動車を運転中、スイッチ類の操作などで無意識のうちにハンドルが動いてしまうことがあります。

車線逸脱警報装置は、ドライバーが無意識のうちに車線をはみ出しそうになったとき、ドライバーに警告し、正しい位置に戻ることを促すことによって安全運転を支援します。

車の前部に取り付けられた光学式カメラセンサーは、道路上の白線(黄線)を認識します。

車線をはみ出しそうになると、音や警告灯などによってドライバーに知らせます。

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。

・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

光学式カメラセンサーは、車線に対応した白線をつねに監視しています。

光学式カメラセンサーは、車線に対応した白線をつねに監視しています。

線をつねに監視しています。走行中、ドライバーが飲み物を手にした場合など、無意識にハンドルを動かしてしまうことがあります。

走行中、ドライバーが飲み物を手にした場合など、無意識にハンドルを動かしてしまうことがあります。

このハンドルの動きに車両が反応し、車線を逸脱しそうになると警報や表示でドライバーに知らせます。

このハンドルの動きに車両が反応し、車線を逸脱しそうになると警報や表示でドライバーに知らせます。

5.リアビークルモニタリングシステム

自動車にはミラーでは見えない死角が左右の斜め後ろに存在します。

リアビークルモニタリングシステム(後側方接近車両注意喚起装置)は、この死角に他の車がいることをドライバーに知らせ、目視の不足によって発生する事故を防ぐことを目的としています。

センサーは車の後部側方に取り付けられており、ドライバーの死角になる斜め後方の車を検知します。

ドライバーがこの車に気付かず車線を変更しようとしたとき、インジケーター表示や警報ブザーでドライバーに危険を知らせます。

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。

・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

車両後部のセンサーによって、ドライバーの死角になる斜め後方の車を検知します。

車両後部のセンサーによって、ドライバーの死角になる斜め後方の車を検知します。

インジケーター表示に気づかすにドライバーが車線変更を行おうとすると注意喚起が行われます。

インジケーター表示に気づかすにドライバーが車線変更を行おうとすると注意喚起が行われます。

後方から急接近する車両に対しても、インジケーターが表示される場合があります。

後方から急接近する車両に対しても、インジケーターが表示される場合があります。

6.自動切替型前照灯

夜間の走行はハイビームが基本です。

自動切替型前照灯は、ロービームからハイビームへの切り替え忘れを防ぎ、ドライバーの前方視界の確保をアシストします。

車の前部に取り付けられた光学式カメラセンサーによって、周囲の明るさを認識し、ハイビームとロービームを状況に応じて自動で切替える先進安全装置です。

走行中、ハイビームを使用は、歩行者や障害物の早期発見につながり、夜間の事故防止に効果があります。

また、ハイビームで走行中、前走車や対向車の存在を光学式カメラセンサーが認識した場合は、自動的にロービームへと切替え、眩惑を防止します。

※映像を使用する際には、以下の点にご注意ください。

・映像を再処理しないこと。
・JAF資料である旨を明記すること。
・商業目的での二次使用はしないこと。

光学式カメラセンサーによって周囲の明るさを認識し、ハイビームとロービームを自動的に切り替えます。

光学式カメラセンサーによって周囲の明るさを認識し、ハイビームとロービームを自動的に切り替えます。

ロービームへの切り替え忘れによる対向車や先行車の眩惑を防ぐことができます。

ロービームへの切り替え忘れによる対向車や先行車の眩惑を防ぐことができます。

ハイビームによって歩行者の発見が早まるなど夜間の事故防止に大きな効果も望めます。

ハイビームによって歩行者の発見が早まるなど夜間の事故防止に大きな効果も望めます。