減速時のエコ運転術(誰でもできるエコ運転術)

減速時のエコ運転術

停止位置を予測して、早めにアクセルOFF。

無意識に行っている減速も少し気をつけるだけで燃費がぐんと向上します。
エコドライブ(減速イメージ)

停止することが分かっているのに、いつまでも加速を続けるのはムダです。
先の交通状況に気を配り、赤(黄)信号などで停止することが分かったら、自分のエンジンブレーキの利き具合に応じて適当な位置でアクセルから足を離し、エンジンブレーキで減速します。停止位置が近づいたらフットブレーキでしっかり停止します。
早めにアクセルから足を離すことで、ムダな加速を減らすと同時に、フューエルカットを作動させて燃料消費量を大幅に削減することができます。
※停車位置より手前で失速し、再度加速することがないよう、自分の車のエンジンブレーキの利き具合を把握しておきましょう。

映像で見てみよう

フューエルカットとは?

減速時にアクセルから足を離すと、一定以上のエンジン回転数があるなどの条件で「フューエル(燃料)カット」が作動し、燃料の噴射が止まります。走行する距離が伸びていながら燃料をまったく使わないので、平均燃費は向上します。フューエルカットは設定された回転数を下回ると解除され、アイドリング時の燃料噴射量となります。

  • フューエルカットの作動条件は車種によって異なります。詳しくは自動車メーカーにお問い合わせください。