【重要なお知らせ】2022年から、JAF Mateが変わります

この度、「環境負荷の低減」と「デジタル社会における新しいライフスタイルの創出」を目的として、冊子『JAF Mate』を、年間10回から年間4回の季刊発行(春・夏・秋・冬)に変更させていただくことになりました。現在、冊子『JAF Mate』を毎号お楽しみの皆さまにおかれましては、ご理解くださいますようお願いいたします。

2022年3月からは、スマートフォンやPCで手軽にご覧いただけるよう、ウェブサイト『JAF Mate Online(ジャフメイトオンライン)』を新サービスとしてご用意いたします。掲載される情報は随時更新で、これまで以上に充実したコンテンツをお届けいたします。『JAF Mate Online』は、すべての会員の方にご利用いただけます。

地球環境に配慮しながら、冊子とウェブサイト、それぞれの良さを活かした新しい体験を皆さまにお届けいたします。今回の変更に伴うJAF年会費の改定はありませんが、JAFは時代に合わせた新しいロードサービスネットワークの構築や各種会員サービスのオンライン化など、品質向上の取り組みを進めてまいります。また、今後展開する新たなサービスにつきましては、都度分かりやすくお伝えしていきます。

今後ともJAFならびに『JAF Mate』をよろしくお願いいたします。

  • 季刊発行の第1号(春号)は2022年4月のお届けです。お届け月は毎年4月・7月・10月・1月を予定しています。
    また、『JAF Mate』に同梱してお届けしている情報チラシ『JAF PLUS』も同様に季刊発行となります。

2021年9月

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)

2022年以降の「JAF Mate」お届けイメージ

ウェブサイト『JAF Mate Online』とは

冊子『JAF Mate』から誕⽣する、皆さまとJAFをつなぐ新しいオンラインメディアです。
これまで冊子でお楽しみいただいていた特集や連載記事に、ウェブサイトならではの楽しみ方をプラスして、引き続きお届けします。さらに、オンライン限定の連載記事も新たに追加していきます。
また、掲載される各記事は都度、更新されるため、タイムリーに『JAF Mate』をお楽しみいただくことができます。
現在、ウェブサイト『JAF Mate Online』の作成を進めています。詳しい情報は今後お知らせしていきますので、どうぞご期待ください。

季刊化により、個人・法人会員の年会費における「機関誌代」は、946円(税込)から484円(税込)に変更されます。差額は会員サービスの拡充に割り当てます。今後も会員の皆さまからお支払いいただいた大切な会費を有効に利用し、満足度の高いサービスを提供できるよう努めてまいります。
なお、現在、各種案内物に記載している「個人会員の会費(法人会員の法人特定会費)は、機関誌代(消費税10%対象946円/年)を含みます。」については、年間10冊お届けした場合の価額です。2022年2月以降は「個人会員の会費(法人会員の法人特定会費)は、機関誌代(消費税10%対象484円/年)を含みます。」と記載を変更させていただきます。

  • 機関誌を不要とお申し出いただきましても、会費の割引とはなりませんのでご了承ください。

JAF Mateに関するお問い合わせQ&Aはこちら。

  • 同ページからメールによるお問い合わせも可能です。