ジュニアシートを使わないリスク

ジュニアシートを使わないと…後部座席に6歳児相当のダミー人形を乗せ、時速55kgで壁に衝突させた。そのときのダミー人形の様子を車載カメラで撮影し、ダメージを圧力感知紙で確かめた。
大きなダメージを受けるほど、濃いピンク色になる「圧力感知紙」。ジュニアシートを使用していないとシートベルトの跡は色濃く残った(上写真)。
ジュニアシートを使わないと、シートベルトが凶器になる

ジュニアシートは、車のシートベルトが身体の正しい位置を通るよう、足りない 身長を補うもの。ジュニアシートを正しく使っていれば、シートベルトは硬い鎖骨と肋骨、腰骨を支えてくれるので、お腹や首にダメージを与えません。

子供の命はシートベルトだけでは守れない