実技講習会「セーフティトレーニング」

セーフティトレーニングイメージ

セーフティトレーニングは、「ドライバー(人間)と車両の特性」に関する知識を、運転体験を通じて学んでいただき、普段公道では体験できない運転操作や車の挙動をマイカーにて実際に体験することで「自己の運転技量、見る・判断するなどの身体的な限界」や「走る・曲がる・止まるなどの車両の特性」を知り、今後の安全運転に役立てていただくための実技講習会です。

※一部のカリキュラムを除き、普段乗り慣れたマイカーでの体験となります。

主なカリキュラム

クルマの死角

乗用車の運転席からの死角を確認します。

パイロンスラローム

乗車姿勢、ハンドル操作、走行コースなどをチェックします。

急ブレーキ体験

乾路面での急ブレーキを体験します。

運転と反応

危険を判断して回避操作を行います。迅速で正確な判断と操作が必要です

  • カリキュラム内容は会場により異なります。

参加者体験談(抜粋)

  • 初心に戻り姿勢を正したら疲れ方が変わった。
  • 自己流になっていた乗車姿勢やハンドル操作を見直すきっかけとなりました。
  • 反応するための空走距離がとても長い時間のように思えました。
  • 速度10キロの差がこんなに違うとは驚きです。
  • 自分の運転技術とマイカーの特性が理解できました。
  • 指導方法が親切で初心者でも理解しやすい。費用も安い!
  • クルマ、タイヤそしてドライバーの限界について体験できた。

共催:一般社団法人 日本自動車工業会・一般財団法人 全日本交通安全協会 / 後援:警察庁・国土交通省