専門家が教えるワンポイント

認知のプロ

認知のプロ

鳥取大学医学部保健学科 生体制御学
医学博士
専門:脳神経疾患、認知症
浦上 克哉 教授(うらかみ かつや)

早期ケアで運転寿命を延ばす①
早期ケアで運転寿命を延ばす②

目のプロ

目のプロ

北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学
視機能訓練士 医学博士
専門:眼光学、視覚中心設計
川守田 拓志 准教授(かわもりた たくし)

見る力の低下を安全運転で補う

耳のプロ

国際医療福祉大学 医学部
耳鼻咽喉科 医学博士
専門:聴覚生理学、臨床聴覚コミュニケーション学、補聴医工学、感性医学
中川 雅文 教授(なかがわ まさふみ)

Q1:高齢になると聴力にどんな変化が起こるか教えてください。

A1:加齢とともに高い周波数が聞こえにくくなり、聞き返すことが多くなります。
特に周囲が騒がしいところでは、「あくしゅ」と「はくしゅ」、「しぶや」と「ひびや」、「かとう」と「さとう」などの聞き間違いをすることが増える傾向があります。

Q2:聴力の低下は運転にどのような影響がありますか?

A2:騒がしいところでの聞き間違いは運転中でも生じます。走行音というノイズに邪魔されて聞き取りが難しくなるからです。
例えば、同乗者の話すルート案内が聞きとれずに、曲がるべきところで曲がれないことなどが増えると考えられます。
また、難聴があるとラジオやカーステレオの音も大きくなりがちで、周囲の車のクラクションに気づくのが遅れたり 、追い越していく車に気づけずにヒヤリとすることが増えてきます。

Q3:聴力と認知力にはどのような関係がありますか?

A3:私たちは、“目で見る”ことに加えて、“耳で聞く”ことの情報を合わせて刻々と変化する事象を認知・判断しています。それは、生理的かつ反射的なもので 、どちらが欠けても正確な判断が難しくなります。
例えば、救急車のサイレンが聞こえているのに救急車が視野に入っていない時、どこで音が鳴っているか分からないという経験をしたことはありませんか? 聞こえるだけもしくは見えるだけでは正確に事象を認識できない可能性があるのです。

Q4:トレーニングで聴覚認知力は回復するものですか?

A4:いわゆる加齢性の難聴を、元通りに“聞こえる耳”に戻すことはできません。
しかし、トレーニングで選択的な注意力を高め、聴力低下に伴う認知力を補うことはできます。例えば、走行音などのノイズ下における後続車のクラクションや、追い越してくるバイクの音を聴き分けるなど、運転に必要な聴覚認知の力を選択的に高めることは可能だと考えます。

Q5:低下した聴力を回復させる方法はありますか?

A5:聴覚は騒音に長い時間さらされることで疲弊しますが、十分な休息と水分補給、ストレッチなどで回復も期待できます。1時間運転したら5分の休憩をとり、水分補給もする。サービスエリアやパーキングエリアの公園で鉄棒にぶら下がり、屈伸などのストレッチ運動をする。1日8時間以上の運転を控える。長い時間運転した際は、できるだけ静寂な部屋で8時間程度の睡眠をとるなど、聴力を回復するための工夫をすると良いでしょう。

Q6:高齢者運転者にメッセージをお願いします。

A6:安全に運転をするためには、目で見る力や耳で聞く力、手足の力などがしっかりと機能し、連携している必要があります。その中でも聞く力は、周囲の情報を察知する重要な感覚情報です。
しかし、人は誰しも加齢に伴い聴力が衰えていきます。高齢者になっても長く楽しく運転を続けるために、トレーニングを通じて日々、自分の弱点を見つけ、それを克服するように努力することで認知力を高めていきましょう。

高齢者講習情報

70歳以上になると、免許更新時に「高齢者講習」を受ける必要があります。
75歳以上になると「講習予備検査(認知機能検査)」も加わります。