シートベルト着用状況調査(2021年調査結果)

2021年 シートベルト着用率データ 警察庁・JAF合同調査

概要(まとめ)

2021年10月18日(月)~12月3日(金)にかけて、警察庁とJAFとの合同による「シートベルト着用状況全国調査」を実施しました。
調査は一般自動車道全国781カ所、高速自動車道等全国105箇所で実施しました。調査対象等詳しくはPDFファイルをご参照ください。

一般自動車道におけるシートベルト着用状況調査結果

調査箇所数 調査対象 着用 非着用 合計 着用率
781 運転者 300,018 2,796 302,814 99.1%
助手席同乗者 45,106 1,536 46,642 96.7%
後部座席同乗者 23,917 31,835 55,752 42.9%

高速自動車道などにおけるシートベルト着用状況調査結果

調査箇所数 調査対象 着用 非着用 合計 着用率
105 運転者 55,199 236 55,435 99.6%
助手席同乗者 18,419 214 18,633 98.9%
後部座席同乗者 10,308 3,309 13,617 75.7%

調査結果についてより詳しいデータをご覧になりたい方は 下のPDFファイルをご覧ください。

2021年シートベルト着用状況全国調査(1.37MB)

  • PDFファイルをご覧になるにはご使用のコンピュータにAdobe Readerがインストールされていることが必要です。