「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」に体験型ブースを出展します!

ニュースリリース

本部MA2022-031
2022年11月01日

ブースイメージ

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 坂口正芳)は、「フォーラムエイト・ラリージャパン2022(以下ラリージャパン)」が開催される11月10日(木)~13日(日)の4日間、サービスパークとなる豊田スタジアム(豊田市千石町)に体験型ブースを出展します。

ラリーとは、サーキットで行われるレースと違い、一般道が舞台となり舗装路(ターマック)、未舗装路(ブラベル)、雪道と、あらゆる道を走行します。ラリー競技の最高峰シリーズを世界ラリー選手権(WRC)と言い、世界ラリー選手権(WRC)最終戦ラリージャパンは12年ぶりに日本(愛知県・岐阜県)で開催されます。

JAFは、今回のブース出展を通し、モータースポーツの統括団体としてモータースポーツの振興、競技人口の増加を目指し、多くの方にモータースポーツの楽しさや魅力を伝えます。

JAFブース出展情報

日 時
11月10日(木)12:00~20:00
11月11日(金)~13日(日)9:00~20:00
場 所
豊田スタジアム 西イベント広場・大噴水(愛知県豊田市千石町7丁目2番地)
内 容
  • 段ボールカーの展示
    実際のラリーカーを5分の4スケールにて段ボールで再現。
    イベント期間中はフォトスポットとして公開します。
  • モータースポーツ体験 ミニ四駆レース
    準備されたモーターの中から1つを選び、ミニ四駆にセッティングして走らせます。
  • クイックキャッチ
    見て、判断して、手を動かす…素早く反応できるか、反応速度をゲーム感覚で測定します。
  • 子ども安全免許証の発行
    交通安全クイズに答えて、お子様の顔写真の入った免許証そっくりのカードを発行します。
段ボールカーイメージ

※詳細はJAF公式ウェブサイト内「地域ニュース・ご当地情報」をご覧ください。
https://jaf.or.jp/common/area/2022/chubu/aichi/local-news/1110-01

JAFブース情報