タイヤチェーンの違いでどう変わるのかタイヤチェーンを装着し、雪道での旋回と急制動を検証

ニュースリリース

本部広報2019-032
2019年12月24日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 藤井 一裕)は、帰省や旅行など車の使用が増える年末年始を前に、雪道での旋回と急制動をタイヤチェーンの種類別で検証し、その結果をホームページに公開しました。

年末年始、帰省や旅行先で急な降雪や積雪に遭遇したり、雪道を走る可能性もあるため、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンの装備が必要です。そのタイヤチェーンにも金属や非金属、さらにその中でも様々な種類があるため、タイヤチェーンの種類別で旋回と急制動にどう違いが出るのか検証しました。

タイヤチェーンの種類
タイヤチェーンの種類
タイヤチェーン装着イメージ
タイヤチェーン装着イメージ

条件

  • 1.前輪駆動のコンパクトカーを使用
  • 2.ノーマルタイヤおよびタイヤチェーンは新品を用意。チェーンは前輪(駆動輪)に装着。
  • 3.タイヤチェーンは3種類を検証。
    金属チェーン(亀甲型)、金属チェーン(はしご型)、非金属チェーン(ウレタン系)
  • 4.テストはそれぞれ3回実施した。

旋回テスト

圧雪路の旋回路コース(半径25m)をカラーコーンに沿って走行できるか、 進入速度時20km/hと時速30km/hで検証しました。

雪道走行(イメージ)
旋回テストコース
旋回テスト(イメージ)
旋回テスト(イメージ)

結果:時速20Km/hではすべてのチェーンで安定して走行できたが、時速30Km/hになると挙動に差が出た

タイヤチェーンの種類

※結果は一例であり、雪質や車の駆動方式、タイヤの種類などで結果が変わります。

急制動テスト

圧雪路の直線路で時速40km/hまで加速し緑色のカラーコーンで急制動。

急制動テストコース
急制動テストコース
急制動テストコース
急制動テスト(イメージ)

結果:非金属チェーン(ウレタン系)の制動距離が平均で24.8mと最も短い距離で止まれた

※結果は一例であり、雪質や車の駆動方式、タイヤの種類などで結果が変わります。

非金属チェーン(ウレタン系)が最も短い距離で止まることができましたが、雪道は頻繁に路面状況が変化するので、タイヤチェーンを装着しても、雪道では速度を抑えて慎重に走行することが大切です。
雪道の走行では、必ずスタッドレスタイヤまたはタイヤチェーンを装着し、急ブレーキ、急加速など「急」の付く運転は避け、慎重な運転を心がけましょう。

テスト結果:JAFユーザーテスト

[資料編]https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/snow/tire-chain-turning-braking
[動画編]http://movie.jaf.or.jp/details/239.html