[Q] チャイルドシートはいつまで使用すればいいですか?

{FCF23084-6841-4C46-AD49-93814A4F83D8}

[A]6歳未満までの義務ですが、身長が140cmに達するまでは使用を推奨します。

  • 法律では6歳未満の幼児に使用が義務づけられる。
  • シートベルトが使える体格になるまではチャイルドシートが必要。
  • 大人の体格に達していない場合、シートベルトで受傷する可能性がある。

法律では「6歳未満の幼児」に使用が義務づけられるチャイルドシートですが、チャイルドシートを卒業してシートベルトを適切に使うには大人の体格が必要です。

大人の体格であれば、シートベルトは、鎖骨の中央付近と腰骨にかかります。

しかし、大人の体格に達していない子供がシートベルトをそのまま利用すると、鎖骨の中央付近ではなく首に、腰骨ではなく柔らかい腹部にかかってしまいます。

この状態では事故の衝撃で首や腹部の損傷をする可能性が高く、命を守るシートベルトで受傷する危険性があります。
シートベルトが適切に使える1つの基準は身長140cm、一般的には小学校4年生の平均身長が必要と言われています。
そのため140cmに満たない子供にはチャイルドシートが必要となり、6歳前後であればジュニアシートを使用することで、シートベルトが適切に使えるようになります。

身長140cmに達するまでは、チャイルドシートを使用しましょう。

チャイルドシート使用状況全国調査(JAF・警察庁合同調査)では、チャイルドシートの使用率が5歳から急激に低下します。お子さんの成長を見てきた親御さんから見れば大きく成長した子供でも、シートベルトは適切に使えないと理解し、大人の体格(身長140cm)になるまではチャイルドシートを継続して使用しましょう。

なお、チャイルドシートの使用義務違反となった場合は、行政処分の基礎点数が1点付加されます。

2021年09月現在

関連リンク

身長140cmとはいつ頃?
JAF「6歳になれば、チャイルドシート卒業?(はじめてのチャイルドシート クイックガイド)」

ジュニアシートを使わない場合の危険性は?
JAF「ジュニアシートはもういらない?」

チャイルドシートの使用率はどのくらい?
JAF「チャイルドシート使用状況全国調査」

 

その他のQ&Aを検索する

イーデザイン損保 東京海上グループ 事故のない世界をつくる 共創する自動車保険&eアンディー誕生 詳しくはこちら イーデザイン損保 東京海上グループ 事故のない世界をつくる 共創する自動車保険&eアンディー誕生 詳しくはこちら