救援業務の仕事(新卒採用「ロードサービス職」)

JAF隊員のお仕事 安心を届けます

クルマの故障や事故・トラブルの現場に急行し、救援するのが乗務の役割です。彼らの活躍が自動車ユーザーに「いつでもどこでも、困った時には来てくれる」という安心感を提供し続けています。

JAF隊員のお仕事いろいろ「1」乗務

乗務の仕事

バッテリー上がりやキー閉じ込み、エンジントラブルなど、お客様のさまざまなトラブルに対応します。

バッテリー上がりやキー閉じ込み、エンジントラブルなど、お客様のさまざまなトラブルに対応します。

パンクの程度を診断、補修したりタイヤ交換作業を行います。安全かつ迅速、そしてお客様の安心が第一。

パンクの程度を診断、補修したりタイヤ交換作業を行います。安全かつ迅速、そしてお客様の安心が第一。

現場での応急修理が難しい場合は、修理工場まで牽引します。困難な状況でも、最善の対処を模索し続けます。

現場での応急修理が難しい場合は、修理工場まで牽引します。困難な状況でも、最善の対処を模索し続けます。

研修制度も充実し、現場では二輪車の搬送や救援に特化したサービスカーが導入されています。

研修制度も充実し、現場では二輪車の搬送や救援に特化したサービスカーが導入されています。

ロードサービスの魅力

愛知支部名古屋中央基地 中垣有喜隊員

JAFのロードサービスは困っている人を直接助けられる仕事です。お客様はトラブルに遭われて我々を呼ぶわけですが、現場で対処した後には「ありがとう」と言っていただけるし、「嫌なことがあったけど、良い思い出になった」と言われたこともあります。そうしてお客様に喜んでいただけるのは嬉しいことですし、JAFのいいところです。あと、女子の後輩ももっと欲しいです!

色々なメーカーの車やバイクに触れられるので、機械好きにはそれも魅力の一つだと思います。

(愛知支部名古屋中央基地 中垣有喜隊員)

<2017年12月>

京都支部京都基地 茂見広大隊員

ロードサービスの仕事は、基本的には一人で現場に出て自分一人で作業を完結させなければなりません。大変なこともありますが、車の調子の悪い原因を究明するのは、やりがいもあるし面白い仕事です。そして自分の手でお客様のトラブルを解決してお客様が喜んでいただけると、こちらも嬉しくなります。

お客様は職業も年齢も老若男女さまざまな方がいらっしゃいます。普段は会わないような方とお会いしてお話できるのも良い経験になると思います。

(京都支部京都基地 茂見広大隊員)

<2018年1月>

ロードサービスの魅力

救援コールを受けたコールセンターからの指令により、お客様のもとに駆けつけるのがJAFロードサービス隊員の仕事です。様々なトラブルに対処するため、幅広いスキルが求められますが、お客様のお役に立てたことをその場で感じられます。

また、お客様の言葉やわずかな情報から故障の原因を見つけた時の喜びは、身につけた技術を存分に活かしていることを実感できる、ロードサービスならではの醍醐味です。もちろん救援作業に際しては、安全かつ迅速であることを心がけ、周囲の車や歩行者等への配慮も怠りません。