新卒採用「ロードサービス職」の研修制度

安心の研修制度

お客様のトラブルに向かうロードサービス隊員には様々なスキルが求められます。JAFでは入社してから一人前の隊員になるまで様々なステップでフォローアップする制度が用意されています。

1入社式

JAFの一員としての第一歩となる入社式。ここからロードサービス隊員としての日々が始まります。

2新人研修


入社後、すぐに新人研修が行われます。技術的なことだけでなく、JAFの組織や社会人としての心得など様々なことを学びます。

3全国に配属

研修終了後、北海道から沖縄まで全国52箇所にある支部に配属され、ロードサービス隊員としての業務に従事することになります。

4先輩と同乗

ロードサービス隊員として配属されたと言っても、最初から全てをこなすわけでありません。まずは先輩隊員の出動に同乗、現場での対処を学んでいきます。

5基地や地方本部での研修


現場で求められる技能は多岐に渡ります。基地配属後も、教育担当者の指導のもとで、様々な技術や知識を磨き続けます。

6技術5級検定

ロードサービス隊員とJAFコールセンターには、レベルに応じた技能検定制度があります。定期的に検定試験を受け、技術の向上に努めます。技術5級は単独乗務に必要な力量を有するか確認するものです。

いよいよ一人でお客様のもとへ

その後のフォローアップ制度

JAFのロードサービス隊員は、それぞれの所属年数や能力に応じた技能検定制度や研修により、フォローアップする制度が設けられています。

■研修や講習
JAFのロードサービス隊員は新人研修以降も、様々な研修・講習を受ける機会があります。JAFで規定された技能検定制度以外にも、例えばウインチ(巻上機)操作や低圧電気取扱業務、有償運送許可に関わる教育など業務に必要な講習を受けることができます。

■ロードサービス競技大会
JAFでは2年に1度、「全国ロードサービス競技大会」を開催しています。ロードサービス隊員としての技術を競い合うもので、各地方本部から予選などにより選抜された精鋭隊員が「日本一のロードサービス隊員」を目指します。この競技大会に向け、独自の研修・講習を行う地方支部・基地もあります。