JAFみんなのエコ川柳

第15回入賞作品決定!第15回目となる「JAFみんなのエコ川柳」には、24,530作品のエコに関する川柳が寄せられました。また、学校団体賞にも、小・中・高等学校あわせて133校(応募数14,350作品)にご参加いただきました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。川柳作家のやすみりえさんを委員長として、エッセイストの三好礼子さんをはじめとする6人の委員で選考を行い、入賞作品8句と入選作品50句、学校団体賞3校を決定しました。応募期間2020年10月1日(木)~2021年1月31日(日)主催 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)協賛 株式会社エーディープロジェクト、新日本印刷株式会社、古野電気株式会社、株式会社JAFサービス、株式会社JAFメディアワークス

ECO大賞 まだ青い 地球にすれば 褒め言葉 さごじょうさん

「ECO大賞」へのやすみりえさんのコメント

「まだ青い」は人間にとっては褒め言葉じゃないけれど、地球にすれば褒め言葉である、という持っていき方が上手で、青い地球の良さがストレートに伝わってきます。

審査委員長:やすみりえ氏

ECOティーン大賞 南極が 溶ける問題 解けないよ / 長田太真さん

言葉のアレンジが効いた作品。数字などの問題を解くことが多い世代なので、世の中の問題と勉強をがんばっている自分の日常を重ねてうまく言葉にしたんだろうなと感じました。

ECOキッズ大賞 エコをして 未来の笑顔 貯金する / ツバさん

非常に表現力が豊かな川柳だと感じました。未来の笑顔を想像してエコ活動をすればやりがいがありますね。「貯金する」という言葉も、実りを積み重ねるイメージが広がり、とても魅力的です。

審査員紹介

やすみりえ氏

顔写真

兵庫県神戸市出身。大学卒業後、本格的に川柳の道へ。恋を詠んだ作風が幅広い世代から人気を得る。現在多数の公募川柳コンテストの選・監修を務め、川柳を通して言葉の魅力を伝える活動を展開中。(一社)全日本川柳協会会員。日本文藝家協会会員。

三好礼子氏

顔写真

東京都出身。自然暮らしを夢見て、長野県松本市の山間の集落に移住し、エッセイの著述《書く!》、ライダーズカフェ経営《もてなす!》、野良仕事《育む!》、ツーリングやトレイルランニング《駆ける!》、などで活動中。自然回帰型生活びと・エッセイスト・農民・元国際ラリースト・「ペレファ農場」「ペレファ・カフェ」代表。

ドライブECO賞 / 君でしょう 地球のマスク はずす役 / 塚正哲子さん

セーフティECO賞 / 無包装 エコは裸の おつきあい / アクア舞凛さん

スマートECO賞 / 森の熊 グルメ三昧 ごみ置き場 / 継田真由美さん

ECOティーン賞 / シャチじゃない 海のギャングは ごみ袋 / 松本太心さん

ECOキッズ賞 / 暖冬は ちょっとうれしい でも悲しい成田 / 智花さん

入賞賞品

Ecoティーン大賞 株式会社JAFサービスより協賛 ロボット掃除機ルンバ e5 1名様

ECOティーン大賞 中高生対象 / ECOキッズ大賞 小学生以下対象 Kindle Paperwhite 1名様 ※1

ドライブECO賞 株式会社JAFメディアワークスより協賛 バルミューダ ザ・ポット 1名様

セーフティECO賞 株式会社JAFメディアワークスより協賛 ドライブレコーダー「ドラドラまるっと」1名様 ※2

スマートECO賞/古野電気株式会社より協賛 ETC車載器 ハローキティモデル(FNK-M07T(K))1名様

ECOティーン賞 新日本印刷株式会社より協賛 図書カード 10,000円分 1名様

学校団体賞 株式会社エーディープロジェクトより協賛 アクションカメラ 3名様

入選 QUOカード 1,000円分 50名様

  • (※1)Amazon及びKindle Paperwhiteは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • (※2)セットアップ・取り付け作業は個人で行うことになります。
  • ◆各賞品の画像はイメージです。

第15回入選作品

子ども部門

お魚に ゴミがない海 あげたいな

川畑 そうさん

リサイクル ようびおぼえて おてつだい

横見 祐輔さん

タネをまこう みんなのために なる日まで

てらしま わかなさん

ゴミひろい きれいなうみが きらきらと

たちもと かなとさん

テレビけし 電気けすのが ぼくのやく

川瀬 陽誠さん

このけしき 見つめていたい 千年後

岩瀧 れいさん

まめに消す それだけのこと エコになる

澤田 将虎さん

ジュース飲む マークに気づき リサイクル

松岡 京佑さん

明かり消す 地球が笑う ありがとう

浮田 希乃葉さん

エコバッグ 忘れた母に ぼくの予備

エコバッグ コレクターさん

中高生部門

春の季語 桜はいつまで 残るのか

土倉 朱杏さん

積み重ね エコも受験も 同じこと

笠原 梨玖さん

近頃は 乾燥肌に 悩む地球

松本 明さん

テレビだけ 無人の部屋で 労働中

谷口 楓さん

しっぱなし そんなあなたと ディスタンス

二宮 舞さん

かばんから 十人十色の エコカラー

善家 幹太さん

青い海 違う絵の具が 混ざってく

エコロじーさんさん

葉の手紙 未来の星に 届くよう

姉川 亜沙美さん

地球さん ラッキーカラー 今日も青

石山 涼香さん

水止める 宿題よりも 簡単だ

矢澤 舜也さん

電力の 不要不急は 避けましょう

山田 志織さん

ネットより 地球の方が 荒れている

ほはほはさん

節約は なんとなくから 日常へ

嘉島 碧月さん

サンタさん 過剰包装 気をつけて

宮田 華帆さん

初対面 エコバッグ見て 親近感

宮野 綾羽さん

ままごとで 「袋はいかが?」 「持ってます」

鈴木 日菜美さん

エコしてる あなたにいいね 殺到中

佐藤 奈緒さん

Hey地球 明かり消したら 星見せて

魚地 妃夏さん

おさがりの おさがりを着て 散歩だワン

れいさん

兄の部屋 トイレついでに 電気消す

岡本 恵利花さん

大人部門

家中の 不要不急の 電気消す

松下 弘美さん

エコカーで 君と未来を ひと走り

小野 みふさん

これはプラ? 在宅夫 四苦八苦

はまちゃんさん

エコ言わぬ 親父は背で エコ語る

大塚 勝彦さん

新時代 これが普通で あたりまえ

桜小道さん

エコライフ インスタ見ては 満足し

チョコ★さん

コロナ禍で 人それぞれの エコはじめ

村田 千賀子さん

手探りで 始めたエコが 板につき

ポッポさん

自画自賛 節約できた 電気代

ノロちゃんさん

コロナ禍で 不要不急の 無駄が見え

旗振りおじさんさん

お日様が 沸かした風呂で いい湯だな

横手 敏夫さん

エコバッグ ならば照れずに ペアルック

おはるさん

贈り物 気持ちも添えて エコ包装

斉藤 初枝さん

外食は 地産地消の 店選ぶ

桑野 豊さん

少ない湯 孫と溢れる 幸せも

あおちゃんさん

少しだけ 利便手放す こともエコ

高原 知子さん

便利さの 返納をして エコ若葉

だんべいぱぱさん

いえのにわ 木の葉をあつめ おままごと

亀平 明子さん

エコバッグ もはやコーデの 一部分

りょうくんさん

エコ学ぶ 瞳キラキラ 5年生

あぐみさん

学校団体賞

  • 高岡市立福岡小学校
  • 府中市立府中第四中学校
  • 大阪桐蔭高等学校

※「入賞・入選作品の著作権は、すべてJAFに帰属しています。転載、使用はご遠慮ください。」