JAFのあゆみ:ロードサービスカーのあゆみ

1963年にロードサービスを開始して以来、お客さまのニーズや時代の変化に合わせ、⾞両スペックの向上をはかってまいりました。これまでのロードサービスカーの歴史をご紹介します。

  • 1964年
  • 1974年
  • 1977年
  • 1979年
  • 1987年
  • 1994年
  • 現在

part1 A.D.1964

1964年(昭和39)

1964年(昭和39)

レッカー車第1号車、国産車をベースに国産門型吊り上げ式レッカー装置を装備。

当時は滑車を利用し、「人力」で車を吊り上げ、「JAFのチェーンブロック」という愛称で親しまれていた。

JAFの動き

首都高速1号線(日本橋~鈴ヶ森)のロードサービス開始。東京都内夜間ロードサービス開始。

この年の出来事

東京オリンピック開催。

1967年頃

1967年頃

吊り上げ装置は、人力に代わりバッテリー電動式を導入した。

JAFの動き

会員数10万名突破。

この年の出来事

第3次中東戦争。

part2 A.D.1974

1974年(昭和49年)

アメリカ製440型レッカー装置の導入開始。

これまで固定式だった吊り上げ(ブーム)部が可動式になる。吊り上げ時の操作性に著しい向上をみた。

JAFの動き

オイルショックによるガソリン価格の異常高騰を追及。

この年の出来事

田中角栄総理大臣辞任。長嶋茂雄引退。

part3 A.D.1977

1977年(昭和52年)

国産レッカー車のレッカー装置の動力に油圧式を導入。エンジン動力を利用するため強い力が得られ、また、バッテリーの負担が軽減した。これ以降、電動式から油圧式に移行していく。

JAFの動き

会員数100万名突破。

この年の出来事

王貞治、本塁打世界記録樹立。

part4 A.D.1979

1979年(昭和54年)

国内の自動車架装会社と協力開発し、国産レッカー車に「タイヤ吊り装置」を導入。

荷重強度の最も高いタイヤを支点として持ち上げるため、ボディへの負担が少なく、傷がつく危険も少ない。

JAFの動き

会員数150万名突破。

この年の出来事

東京サミット開催。

part5 A.D.1987

1987年(昭和62年)

アメリカ製1001/DFT200型レッカー装置の導入。タイヤ吊り機構が半自動化となり作業時間の短縮が図られた。

JAFの動き

会員数500万名突破。

この年の出来事

国鉄民営化、JR発足。

part6 A.D.1994

 
 

1994年(平成6年)

アメリカ製211型レッカー装置の導入。

これまで別体だったレッカー装置のブーム部とホイールリフト部が一体となった。格納時の張り出しが少なく、移動時の取り回し性能が向上した。

JAFの動き

会員数1000万名突破。

この年の出来事

自社連立政権成立。

part7 And Now ...

現在

1997年、最新型のアメリカ製411及び412/F1型レッカー装置の導入開始。ブームが伸縮できるため、落輪車両の引き上げ性能が向上した。

現在も、1994年に導入したアメリカ製211型とともに、JAFの主力レッカー車として活動しています。