女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく計画

「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律に基づく行動計画」

2019年4月策定

一般社団法人日本自動車連盟は、次のとおり行動計画を定め、女性が能力を十分に発揮できる環境・風土づくりを目指した取り組みを実施しております。
今後も、従業員ひとりひとりが「自分らしいキャリアの実現」ができる環境づくりに取り組んでまいります。

  • 1.計画期間
    2019年4月1日から2022年3月31日まで
  • 2.数値目標
    2021年度末までに係長級以上に占める女性の割合を15%(68名)以上、管理職に占める女性の割合を8%(19名)以上にする。
    (ロードサービス職を除く)
    *2019年4月現在 リーダー職以上38名(8.4%)、管理職6名(2.6%)
  • 3.実施計画概要
    実施期間:2019~2021年度
    • 女性職員採用比率の維持
    • 女性職員および上長のキャリア意識醸成
      社内報や社内イントラでの方針浸透、経営層・管理職に対する方針周知、外部セミナーへの積極的参加
    • ライフイベントを含めたキャリア形成支援策の充実・制度運用
      自己啓発制度コースの充実、相談窓口の活用、育児休業復帰支援、勤務地限定、職員のキャリア支援、非正職員の職員登用、積立休暇制度の運用範囲拡大
    • 柔軟で多様な働き方を実現する環境づくり
      ワークシェアリング・テレワーク等、制度・インフラ整備研究継続
  • 4.実績
    2016年
    女性活躍推進に関する経営層の方針浸透をはかり、管理職候補者の選出を行いました。また、社内報への経営層メッセージ掲示や管理職の会議等で方針の周知を徹底しました。あわせて、在宅勤務、ワークシェアリング等の検討を実施しております。
    2017年
    女性活躍推進に関する経営層の方針浸透をはかり、選出した候補者に対し教育研修を実施しました。
    2018年4月
    係長級以上に占める女性職員は34名(7.67%)となりました。
    2019年4月
    係長級以上に占める女性職員は38名(8.63%)となりました。
    管理職に6名(2.68%)の女性を登用しています。
    (ロードサービス職を除く)