先輩職員の仕事 清水直之(ロードサービス隊員)

東京支部 ロードサービス隊港基地 地域振興チーム 清水 直之

ロードサービス隊員

ロードサービス隊港基地

Naoyuki Shimizu
清水 直之
(2017年入社)

入社後、東京支部ロードサービス隊港基地に配属。先輩との同乗OJTで実践的な救援スキルを習得後、救援現場に。原因が分からない故障探求が「一番燃える」

いつだって同じ現場はない

メンテナンス作業

ロードサービスの部署に配属され2年ほど経ちますが、慣れるということはありません。事故はもちろん、バッテリー切れと言えどお客さまが違えば対応の仕方が変わるので、同じ現場ということはまずないです。最初の頃は先輩の現場同行で経験値を積みました。私は1カ月ほどで1人で現場へ向かうことができるようになり、初めての現場に出た時はキー閉じこみの対応でした。研修で何度か経験をしていましたが、本当に開けられた時はお客さまよりも自分の方が喜んでしまいました。

メンテナンス作業2

現場へ向かう前から仕事は始まる

お客さまに連絡し、安全な場所に移動しているのか、故障や事故の状況を聞き出しています。現場へ向かう途中、どのような処置を施すかシミュレーションを行います。聞いていた内容と現場の状況が異なり、 シミュレーション通りに進まないこともあります。ただ最近ではお客さまとの会話によるヒアリングで、故障の原因などがわかるようになりました。

業務風景1
業務風景2

わかりやすい言葉で伝える。

JAFは車を直すというより故障などによるトラブルの対応になるので、トラブルの原因を探してお客さまに伝えることが大切です。その際にお客さまの車の知識レベルにあわせて、伝え方を変えるようにしています。車のことをあまり知らないであろう方には、身近なたとえ話で分かりやすく車の状態をお伝えしています。

業務風景2

みんな明るくておもしろい

ロードサービス隊員はコミュニケーション能力が高くておもしろいひとが多いです。ほかの部署とはまた違った雰囲気なんじゃないかと思います。救援現場の状況はさまざまなので隊員同士で大変だった経験などの情報共有をしています。休み時間はみんなでゲームで楽しむことも。

仕事をしながら整備士学校へ通う

大学時代はロボットや精密機器を扱っていたので、ロードサービス業務に直結するような資格は取得していませんでした。 整備士資格を取得するため入社した年に仕事をこなしながら夕方から整備士学校へ通いました。資格がないから、車に関連する知識がないからと躊躇せずに興味があればぜひロードサービスをやりたいと面接で話してみてください。やりたいことを叶えられる環境は揃っています。

チームメンバー

ロードサービス隊員の業務

クルマの故障や事故・トラブルの現場に急行し、救援するのが主な役割です。

出動事例

  • バッテリー上がり
    バッテリーの状態を確認。原因を特定しエンジン始動までのサービスを行います。
  • タイヤのパンク
    パンクの程度を診断、補修したりタイヤ交換作業を行います。
  • キー閉じこみ
    器具を使い鍵を開けます。現場での応急修理が難しい場合は、修理工場までけん引します。

ロードサービスページはこちら