先輩職員の仕事 河野愛結(会員サービス)

推進課会員事業係 河野 愛結

会員サービス

推進課会員事業係

Ayu Kouno
河野 愛結
(2017年入社)

入社後香川支部推進課会員事業係に配属。提携する企業への会員優待の提案、交渉やJAF PLUSの入稿・校正を担当

会員の方々が楽しめるように

接客風景

私は主に、JAF会員向けの特別優待の内容を考え、提携する企業に提案をしています。 新しいお店に期間限定で、いつもとは違うサービスを提供していただき、 会員の方々が楽しんでもらえるよう取り組んでいます。 時にはイベントを開催したりします。 最近は、ハーバリウムの先生をお呼びしてお花の標本を作ったりしました。

オフィス風景

芽生えた責任感

特別企画を実施する際、サービスの優待内容は提携する企業に負担いただくことになります。 香川県らしくうどん打ち体験の会員優待イベントを提案したことがありましたが、応募数が少なく中止になってしまいました。それからは、人気のイベントはどの季節にどのような内容を開催しているのか。また、休日に開催されているイベントに参加してみたり自分なりに研究をするようになりました。

イベント準備
他の職員と談笑風景

やりたいことを探し続けた学生時代

大学時代、農学部で森林資源学を専攻していました。明確な目的はありませんでしたが、将来の選択肢が広がると思って学科を選び、農学部に進学しました。就職活動をしていた当時も、具体的にどんな業種へ行きたいのか、はっきりとした目標が見出せず、片っ端からいろんな業種を受けました。ドライブが好きだったので地図を販売している出版社を受けたり旅行が好きだから旅行会社を受けたり。そんなとき合同説明会でJAFのことを知り、とりあえず説明を聞いてみるかという程度の興味でした。

職種がたくさんある。いろんなことができる。

JAFに応募しようと思ったきっかけは、いろんな職種があり、仕事の幅が広く、これからの自分の可能性を広げられることが魅力的であることでした。その結果、地域のお店を紹介したり、JAFメイトの誌面作成をしたり、充実した仕事に取り組めています。

作業風景

常に変化のある職場

JAFは企業規模が大きく、堅い印象の会社なのかというイメージを持っていましたが、 思っていたものと違い、バランスのとれた会社だと思います。 仕事の中でこんなことができるんだと驚いたのは、 JAFメイトの地域おでかけ情報を掲載するために、取材をさせてもらえたことです。 契約している自治体を取材先に選び、ライターさんと一緒に取材に行きました。 最近では、JAFの通販サイトで、地域の名産品として香川県のうどんを販売してもらおうと企画を進めています。 多方面でできることがあるので、常に変化のある楽しい職場だと思います。

他の職員と談笑風景2

ある1日のスケジュール

09:00 出社・メールの確認 社内外のメールチェック
10:00 ミーティング 部署の枠を超えた業務を行う香川支部活性化プロジェクトの定例ミーティング
12:00 昼休み(45分) 社内の休憩室で昼食
毎朝手作りの弁当を持参
14:00 優待施設との打合せ イベント開催予定の優待施設に出向き、内容などの打合せ
17:00 ドライブコース作成 毎月更新している旬のドライブコースの作成
17:45 退社 退社後は自宅近くのジムで運動

<2019年3月掲載>

会員事業の業務(大規模支部では「会員事業課」として業務を行っています)

会員優待施設の開拓

JAF会員がお得な特典を受けられる施設が「JAF会員優待施設」。より多くのシーンで利用してもらえるよう、優待施設の拡充を行います。

会員イベントの企画・開催

JAF会員とのコミュニケーションの場として、全国各地でさまざまなイベントを企画・開催しています。会員優待施設や自治体と連携を図るなど、アイデアを出し合って魅力あるイベントにしていきます。

イベント情報

会員優待情報の発信

いくら魅力的な優待施設をそろえても、会員がそれを知らないことには利用してもらえません。機関誌やWebサイトを通じて、情報発信することも大切な業務です。

会員優待情報

自治体との連携と地域振興

自治体と観光協定を結び、ドライブ観光の情報発信を通じて、地域振興を応援します。JAF会員のボリュームと発信力を地方創生のために活用し、JAF会員・自治体の双方を盛り上げていきます。

自治体の方へ