東北の共催イベント事例

「尾花沢新そばまつり」の開催

山形支部

  • 参加者数:42名
  • 開催日:2017年10月15日(日)
  • 共催自治体:尾花沢市 商工観光課

これまで自治体で電話受付していたそば前売り券の予約受付業務軽減を目的とし、予約決済システムでの予約販売をおこなった。
大きな業務軽減には繫がらなかったが、予約時のアンケート結果によると、約9割の方が新そばまつりに初参加であることが判明し「JAFナビ予約決済システムの利用が新規客の開拓に効果があった」と主催者から好評を得た。

「大曲の花火ウィーク」へのブース出展

秋田支部

  • 参加者数:22,000名
  • 開催日:2017年8月20日(日) 、24日(木) ~26日(土)
  • 共催自治体:大仙市 経済産業部観光交流課

大仙市大曲は全国花火競技大会が開催され、「大曲の花火」として知られている。花火大会の1週間前から町は花火大会一色に染まり、期間中、観光客と地元が一緒に盛り上がろうというイベントが各地で開催される。JAFは、夏まつり大曲2017でペアーレ大仙前にブースを設置し、先着20名様へ大仙市提供の「大曲の花火ポストカード」のプレゼントと子ども安全免許証の発行をおこなった。

「おばなざわ花笠まつり」へのブース出展

秋田支部

  • 参加者数:100名
  • 開催日:2018年8月27日(月)、28日(火)
  • 共催自治体:尾花沢市市

昨年につづき2回目の会員優待(来場者へオリジナル缶バッジプレゼント)実施。当該自治体はJAF PLUSへの記事広告出稿に理解があり、これまでも自治体イベントで年5~6回の会員優待や抽選プレゼント提供を実施していただいている。その都度、利用人数や応募者数、アンケート結果などフィードバックしていることで、よい関係性を築いている。