ASVの名称に関するアンケート調査(2015年2月)

現在、多くのASV(先進安全自動車)技術が実用化され、市販車にも順次搭載が進んでいますが、メーカーごとに呼び名が異なったり、アルファベットの略称で表記されたりする場合が多く、判りづらいという声があります。 このような状況を踏まえ、JAFは自家用車ユーザーの方を対象として、ASV技術の名称に対する認知度や意識について調査を実施しました。

1. 調査概要

調査期間:2014年6月~9月
調査対象:JAFの安全運転講習会(セーフティトレーニング、シニアドライバーズスクールなど)に参加したドライバー
調査方式:アンケート調査票への記入
有効回答者数:240名

2. 調査結果

  • (1)「ASV技術の名称(略称)として最も認知度が高かったのはESC(横滑り防止装置)で、その割合は45%であった。これに続くのはACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)で、25%の認知度であった。
  • (2)しかし、ESCのメーカー別名称となると、識別できる人の割合はかなり減ることがわかった。ESCを表わす名称(商品名)として3つのサンプル(VSC、ESP、VSA)を選び、さまざまな語群の中からこれらを識別できるかを調べたところ、「VSC」が24%、「ESP」が15%、「VSA」が7%という結果であった。
  • (3)普及が進みつつある自動ブレーキ、ACC、レーンキープアシストについて、メーカー別名称がどの程度知られているかを調べたところ、総合では「アイサイト」の認知度が56%(3装置合計)と高かった。ただし、装置単独で見ると、「アクティブレーンコントロール」(43%)や「レーダークルーズコントロール」(40%)の方が認知度が高いという結果が出た。これらの名称はユーザーが機能をイメージしやすいことから、それが表わす技術内容が端的に伝わったものと考えられる。
  • (4)ユーザーの要望としては、「メーカーを問わず同一技術は同一名称としてほしい」「アルファベットの略称はわかりにくい」「日本語で表記してほしい」「どのような機能なのかがイメージできる名称にしてほしい」などといった意見が多かった。