ACCに関するアンケート調査(2014年3月)

IT技術の進歩により、急速に市場投入されているASVについては、自動車の購入契機の1つになりつつある。ASV技術について、自動車ユーザーの認知度や理解度等の実態調査を行い、今後の普及活動の一助とする。 自動車ユーザーがASV技術に、より興味をもち、より理解された上で、正しく普及されることを目的として、現状の認知度等の調査を実施した。

1. 調査概要

調査期間:2014年3月14日~15日
調査方式:調査方式:インターネットによるオンラインアンケート
有効回答者数:3,605名

2. 調査結果

  • (1)ACCがどのような機能を持つ装置かを知っていた回答者は約2割、何となく聞いたことがあったと答えた回答者は約4割。
  • (2)ACC装着車に乗っているユーザーの約半数が、選択理由として「追突防止など安全に役立つから」を挙げており、「運転が楽になるから」の38%がそれに続いている。
  • (3)ACCを使っているユーザーの75%が、高速道路や自動車専用道路ではACCをONにしていると回答。
  • (4)ACCを使っているユーザーの約6割が、運転中の疲労軽減を具体的なメリットとして挙げており、また約3割が実際に追突などの事故防止に役立ったと回答。
  • (5)ACCの改善点としては、加減速のタイミングの違和感解消を望む声が最多。また、ACC非使用者においては、装置の信頼性や運転者の安全意識の低下を懸念する意見もあった。
  • (6)ACC装着車に乗っているユーザーの約7割が、次の買い替えでもACCを装着する意向を持っている。また、現在ACCを装着していないユーザーでも、その5割超が次の買い替えではACCの装着を検討したいと回答。