台風12号接近!強風や大雨の際は運転に十分ご注意を! ~西日本豪雨による広島・岡山・愛媛3県の救援要請は前年比300%~

ニュースリリース

本部広報2018-21
2018年07月27日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は台風12号接近の予報を受け、ドライバーへ強風や大雨時の運転に注意するよう呼びかけています。

台風12号は28日(土) 頃には本州に接近、上陸する可能性があります。雨や風が強まり、大荒れの天気になるおそれもあるので注意が必要です。

西日本を中心に甚大な被害をもたらした西日本豪雨では、もっとも被害の多かった広島・岡山・愛媛の3県でドライバーからJAFに寄せられた救援要請は4,345件(期間:7月6日(金)~10日(火))でした。これは前年同期間と比べ約300%で、豪雨の影響で多くの要請をいただいたことがわかります。

救援要請件数(7月6日~10日)

広島 岡山 愛媛 合計
7月6日 当年 380 162 77 619
前年 140 73 44 257
前年比 271.4% 221.9% 175.0% 240.9%
7月7日 当年 674 384 109 1,167
前年 118 74 62 254
前年比 571.2% 518.9% 175.8% 459.4%
7月8日 当年 463 379 121 963
前年 153 100 62 315
前年比 302.6% 379.0% 195.2% 305.7%
7月9日 当年 440 328 111 879
前年 161 100 75 336
前年比 273.3% 328.0% 148.0% 261.6%
7月10日 当年 381 227 109 717
前年 130 91 64 285
前年比 293.1% 249.5% 170.3% 251.6%
5日間合計 当年 2,338 1,480 527 4,345
前年 702 438 307 1,447
前年比 333.0% 337.9% 171.7% 300.3%

JAFが行なった冠水路走行実験によると、セダンタイプの車両では時速10kmであっても水深60cmを走りきることができませんでした。同じ水深であっても速度が速くなると巻き上げる水の量が多くなり、エンジンに水が入りやすくなります。速度を落としても他の要因でエンジンが止まることもあり走りきれるとは限りませんので水たまりには絶対に入らず、引き返しましょう。アンダーパスや電車ガード下の道路など、スリバチ状の道路では水たまりが発生しやすく注意が必要です。

大雨時運転の際の注意点(参考:JAFホームページ)

<クルマ何でも質問箱>

<JAFユーザーテスト>

<JAF360度VR動画>