JAFの「会員優待施設」が全国40,000カ所超に!

ニュースリリース

本部広報2016-52
2016年11月25日

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 矢代隆義)は、JAF会員が割引などの会員優遇を受けられる「会員優待施設」の増加に取り組んでおり、2016年10月末時点で、その数は全国で40,922カ所となりました。

会員優待施設数

会員優待施設は、観光施設、ガソリンスタンド、道の駅、ホテル、レンタカー、パッケージ旅行、引越サービス、カラオケなど、さまざまなジャンルに広がっており、人気のファミリーレストランやファーストフードなどの飲食関係施設など幅広いジャンルにわたります。また、今年度より酒類を提供する飲食店への会員優待契約を拡大。より生活に密着した施設との契約に努めています。
会員優待施設の増加にともない、サービス利用者も拡大し、昨年度1年間では約2,824万人にのぼりました。

こうした会員優待施設の一覧や会員優遇サービスの内容については、会員向け機関誌「JAF Mate」や「JAF PLUS」で紹介しているほか、総合観光情報サイト「JAFナビ」やスマートフォンアプリ「JAFお得ナビ」などで検索が可能です。

JAFでは、今後もさまざまな会員優待施設を拡充し、JAF会員にとってよりお得を実感できるサービスを充実してまいります。