[Q]車検はどこに依頼すればいい?費用はどのくらい?

{3A071F48-27B6-4282-8CDC-CB078B265D29}

[A]車検は、メーカー系列自動車ディーラーか、認証指定工場(民間車検)のほか、認証を受けた整備工場や自動車用品販売店などで受けることができます。

  • 自動車ディーラーや認証指定工場など、様々な場所で受けられる。
  • ユーザー車検は出費を抑えられるが、車両の整備などは自己責任。
  • 費用には法定費用や検査申請代行費が含まれ金額は車種で異なる。

車検は、メーカー系列自動車ディーラーか、認証指定工場(民間車検)のほか、認証を受けた整備工場や自動車用品販売店などで受けることができます。もちろん、ユーザー自ら検査場にクルマを持ち込んで「ユーザー車検」を受けることも可能です。ガソリンスタンドなどで車検を受け付ける旨の広告を見かけますが、実際には敷地内に認証整備工場をもっている場合は稀で、提携した指定工場やユーザー車検同様に検査場へクルマを持ち込んでいるケースが少なくないようです。ちなみに、車検はナンバープレートに表示される管轄に関わらず、原則として日本全国どこの運輸支局もしくは自動車検査登録事務所でも受けることができます。
車検にかかる費用は、大きく分けて基本的な法定費用と、それ以外の検査申請代行費や整備費があります。法定費用とは、車検を受ける際に誰もが納めなければならない税金や保険料のこと。排気量やサイズなど、車種によって金額は変わります。一方、検査申請代行費や整備費は、それぞれのディーラーや工場によって異なるため、事前によく確認しておきましょう。その点ユーザー車検であればこうした費用はかからないため出費を抑えることはできますが、車両の整備に関しては自己責任で行う必要があります。

車検に必要な費用(乗用自家用車の場合)2014年4月現在

重量税(24ヵ月) 自賠責保険(24ヵ月) 検査点検費 整備費など
自家用乗用車 1トン以下 16,400円 27,840円 ※各ディーラー、整備工場などによって異なります ※各ディーラー、整備工場などによって異なります
1.5トン以下 24,600円
2トン以下 32,800円
軽自動車 6,600円 26,370円

※エコカー減税により重量税の減免が受けられる場合があります

車検に必要な書類

車検を依頼する場合

  • 自動車検査証
  • 点検整備記録簿
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責証明書

ユーザー車検の場合

(上記の書類に加え)

  • 自動車重量税納付書・印紙
  • 自動車検査票・手数料納付書・印紙・証紙
  • 継続検査申請書

2014年04月現在

 

その他のQ&Aを検索する