[Q]雪道の運転ではどんなことに注意すればよいのですか?

{C0393943-94B5-4886-9457-460DC078B324}

[A]ハンドルやペダル類の”急”のつく運転操作は禁物です。

  • 雪道では急な車線変更などによるスリップに注意。
  • 発進時はアクセルをじわりと踏み込み、ゆっくり発進する。
  • 路面に雪があったら、早めにタイヤチェーンを装着する。

雪道でとくに注意したいのがスリップです。発進、加速、巡航、停止、どの状況でも”急”のつく運転は禁物です。万全の準備をしていても、運転方法が正しくないと、トラブルに繋がる可能性があります。

雪道の運転アドバイス

ハンドルとブレーキペダルの操作

雪道は、予想以上に路面が滑るという意識を持ち、安全な速度で運転することが大切です。急な車線変更でステアリング操作を行うと、タイヤがスリップして車をコントロールできなくなる場合があります。ブレーキも慎重かつ、手前からの操作が必要です。乾燥路面と同じ感覚でいたのでは、事故の元です。

先行車との車間距離も多めにとるようにします。もちろん、急ブレーキは厳禁です。クルマが左右に振られ、場合によってはスピンを起こすこともあります。下り坂でのブレーキ操作は特に注意する必要があります。坂の手前でしっかりと減速し、フットブレーキを基本として、必要に応じてエンジンブレーキも使って、速度をコントロールするようにしましょう。また、丁寧なブレーキ操作であっても、凍結などにより滑って制動距離が長くなってしまう場合があるので注意してください。

現在の車には、ABS(タイヤのロックを解除して滑ってしまわないようにする装置 )がついています。ABSの作動中はブレーキペダルが振動しますが踏み続けます。 ABS作動中にブレーキから足を離すと制動距離がさらに延びる可能性があるので注意しましょう。ABSの作動中はブレーキを踏んだままでもハンドル操作が可能です。

発進時のアクセル操作

発進時にも注意が必要です。アクセルペダルを不用意に踏み込むと、タイヤが滑って空転し発進できないことがあります。アクセルは、じわりと踏み込み、クリープ現象を利用してゆっくりとした発進を意識します。上り坂では、平坦路以上にタイヤが空転しやすくなります。発進時と同じようにじわりとアクセルを踏み、坂の途中ではできる限り止まらないようにします。

なお、タイヤチェーンは、路面に雪があったら早めに装着することが大切です。まだ大丈夫、と思っているうちにスリップを起こしたのでは、チェーンを用意した意味がありません。雪道ではどんなことでも早めに用意し、急発進、急ハンドル、急制動などの急のつく操作は絶対に行わないことが重要です。

2021年12月現在

 

その他のQ&Aを検索する