[Q]前照灯(ヘッドライト)を使用する際に注意したい保安基準とは?

{5F1737EA-B62E-479B-AFF9-A3FD795EBFD9}

[A]前照灯(ヘッドライト)には、すれ違い用前照灯(ロービーム)と走行用前照灯(ハイビーム)があり、保安基準に於いて個数、取付位置、色、光量、照射範囲等が厳しく定められております。

  • HIDランプなどの普及で、対向車のライトが眩しいとの意見が増加。
  • 前照灯は個数、色、照射範囲などに保安基準の厳しい規定がある。
  • 対向車の眩惑防止対策として、対向車線側の照射範囲を絞っている。

最近増加しているHIDやディスチャージと称される白っぽいライト(高輝度放電式ライト)の増加を受け、「対向車のライトが眩しい」という意見が多く寄せられています。従来のハロゲン式ライトに比べて、明るく、昼間の色に近いとの評判で、高価であるにも関わらずこのHID等を選ぶ方が多くみられます。

しかし、明るい半面、直接目に入るとハロゲンより眩しいとのご意見も…。

そこで、前照灯に関する保安基準について説明します。

前照灯(ヘッドライト)には、すれ違い用前照灯(ロービーム)と走行用前照灯(ハイビーム)があり、保安基準に於いて個数、取付位置、色、光量、照射範囲等が厳しく定められております。

また、対向車への幻惑防止対策として運転席から見て右側の照射範囲が絞られております

2013年09月現在

 

その他のQ&Aを検索する