[Q]普通乗用車、小型乗用車、軽乗用車、諸費用の違いは?

  • 毎年支払う自動車税は排気量によって税額が違う(ただし2019年10月1日以降に新車新規登録した場合は、税額が引き下げられている)。
  • 自動車重量税は車両重量によって税額が決まる。
  • 軽自動車の諸費用は普通車の半分程度。
{0ABD414E-1C8D-435A-AF1D-88C022FDFBDA}

[A]乗用車は、普通乗用車と小型乗用車、軽乗用車に分けられ、税金や保険料に違いがあります。

自動車の分類方法は、道路運送車両法によるものと道路交通法によるものがあり、検査・登録等に関しては道路運送車両法による分類が用いられます。乗用車は、普通乗用車(3ナンバー)と小型乗用車(5ナンバー、7ナンバー)、軽乗用車に分けられ、税金や保険料に違いがあります。

毎年支払う自動車税は、登録車の場合エンジンの排気量によって税額が定められています。
1,000ccまでが2万9500円、以後500cc毎に税額は上がり、「4,500㏄超~6,000㏄以下」および「6,000ccを超える排気量」の11万1000円までの2段階を加えた全部で10段階に区分されています。ただし、2019年10月1日以降に新車新規登録した場合は、自動車税が引き下げられています(引き下げ額は1,000円~4,500円)。一方、軽自動車税は、乗用車の場合1万800円と低く抑えられているのが特徴です。新車登録時・車検時に支払う自動車重量税については、車両重量によって税額が決まってくるため排気量や大きさによる差はありません。 軽自動車については重量にかかわらず一律です。さらに、車両購入時にかかっていた自動車取得税は2019年9月末で廃止され、10月1日からは環境性能割が導入されました。これは環境性能に応じて取得価格の0~3%(軽自動車は0~2%)の税率を課するものであり、排気量や大きさによる差はありません。

現在、環境性能に優れたクルマに対しては車種区分を問わずエコカー減税が実施されています。さらに自動車税もグリーン化特例による軽減措置が実施されるなど、各種優遇税制の恩恵を受けることができるので、クルマを購入する際は事前に販売店などに問い合わせるといいでしょう。

また自賠責保険はすべての自動車に加入が義務付けられています。

普通・小型乗用車の登録車と軽乗用車の基準となるエンジン排気量とボディサイズを整理しておくと、軽乗用車はエンジン排気量が660cc以下、全長3.4m以下/全幅1.48m以下/全高2m以下と定められています。それ以外の自動車は、全長4.7m/全幅1.7m/全高2m、エンジン排気量2,000cc(ガソリンエンジンの場合)を基準に、それ以下であれば小型乗用車、いずれか1つでも超えると3ナンバー登録(普通乗用車)となります。

軽乗用車、コンパクトカー(1.5ℓクラス)、ミニバン(2.5ℓクラス)の新車購入時の費用と内容

・下記の表は該当カテゴリーの平均的な車両本体価格を想定して、算出しております。
・自動車の購入時期は2019年10月1日から2021年3月31日までの間とします。また、その自動車は2020年度燃費基準達成車とします。
・下記表中の諸費用は、軽乗用車、コンパクトカー、ミニバンともに該当カテゴリーの平均的な車両本体価格を想定し、いずれも架空の車両価格をもとに諸費用を算出しています(使用者は東京都の場合)。下記表中のコンパクトカー(1.5ℓクラス)の車両重量は1,001kg以上1,500kg以内、ミニバン(2.5ℓクラス)の車両重量は1,501kg以上2,000kg以内の場合です。

  軽乗用車 コンパクトカー(1.5ℓクラス)
※5ナンバー車
ミニバン(2.5ℓクラス)
※3ナンバー車
想定車両本体価格 100万円 190万円 340万円
税金と保険                    単位:円
自動車税(年額) 10,800 34,500 → 30,500 45,000 → 43,500
環境性能割(新規登録時のみ)
※燃費基準値の達成度に応じて税率が変わります。
0 17,100 30,600
自動車重量税(36カ月) 5,600 16,800 22,500
自賠責保険(37カ月)
※2020年4月1日以降始期契約の場合
29,550 30,170 30,170
法定費用
検査登録手続き代行費用(一例) 17,900 18,600 18,600
車庫証明手続き代行費用(一例) 7,850 17,300 17,300
ナンバープレート代 1,470 1,450 1,450
リサイクル法関連費用(一例) 8,780 10,100 16,840
合計 81,950 142,020 180,960

2020年11月現在

 

その他のQ&Aを検索する