[Q]よく耳にするスマートハウスとEVやPHVなどの関係ってなんですか?

  • スマートハウスのシステムにはEVやPHVが含まれ、CO2削減に貢献。
  • 充電設備を備え、パソコンなどからEVやPHVに充電でき、利便性が高い。
  • 災害時などの電源として、EVから住宅へ電力供給する考え方がある。
{18CBB152-69B8-47DC-8F8B-DE3955AD7ED6}

[A]スマートハウスのシステムにはEVやPHVが含まれ、CO2削減に貢献。充電設備を備え、パソコンなどからEVやPHVに充電でき、利便性も高いです。

スマートハウス(スマートホーム)とは、断熱性の高い最新の設計・工法をベースに、住宅内の設備機器や家電製品などを「HEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)」によってネットワーク化し、周辺の住宅を含め家庭での消費エネルギーを最適に制御する住宅のことです。すでにハウスメーカー各社から発売されており、普及段階に入りつつあります。

スマートハウスは低炭素社会における住宅のあるべき姿のひとつとされています。EV(電気自動車)やPHV(プラグイン・ハイブリッド車)もそのシステムに組み込まれ、CO2の削減に貢献します。スマートハウスには充電設備が設置され、充電状況はHEMSによって最適に制御されます。その結果、家庭内のパソコンやスマートフォンでもEVやPHVの充電やエアコンの作動などを制御できるようになり、利便性は一段と高まります。

さらに、EVやPHVとの関係における既存の住宅との大きな違いは「Vehicle to Home」にあります。これはEVを蓄電池として使用するもので、クルマから住宅に電力を供給しようというもの。つまり災害時などに威力を発揮する非常用電源として活用するという考え方です。大容量バッテリーを搭載するEVやPHVならではの実用的なシステムといえるでしょう。

2013年03月現在

 

その他のQ&Aを検索する