[Q]立ちゴケしてしまったら

{6F07C046-8E09-462B-87B6-B66EFA92DA07}

[A]キルスイッチでエンジン停止。周囲の安全が充分に確認できたら引き起こす作業にかかりましょう。

  • 立ちゴケの際に後続車があれば、安全確認後に転倒車両の存在を示す。
  • ギアを1速か3速に入れるとタイヤが動かず、バイクを起こしやすい。
  • 地面に当たりやすいクランクケースや燃料タンク付近が破損してオイル類やガソリンが漏れ出す場合も。

キルスイッチでエンジン停止と周囲の安全確認を

キルスイッチでエンジン停止と周囲の安全確認を

ライダーであれば誰もが経験するのが立ちゴケです。ベテランライダーであっても、うっかり立ちゴケすることはめずらしくありません。停車時の足場が濡れていて滑りやすかったり、砂利道など不安定であったり、Uターンの最中にバランスを崩したりと、立ちゴケの原因はいろいろとあります。立ちゴケで転倒した場合は、慌てて引き起こそうとせずに、まず落ち着いて周囲の安全確認をしましょう。後方から車両が迫ってきている場合は、両手を振るなどして後続車に転倒したバイクの存在を示すとともに、エンジンがかかっている場合は、ステアリング右側に配置されたキルスイッチでエンジンを確実に停止させます。周囲の安全が充分に確認できたら引き起こす作業にかかります。

倒れたバイクの引き起こし方のコツ

倒れたバイクの引き起こし方のコツ

車両前方に向かって左側に倒れたバイクを引き起こす場合は、まずギアの位置を確認します。ギアがニュートラルの位置であるときはチェンジレバーを操作して1速か3速に入れてください。こうすることでタイヤが動かなくなり、引き起こしやすくなります。しかし、バイクのチェンジレバーが倒れた側にあるため手が届かないことも考えられます。こうした状況では、代替措置として前輪ブレーキレバーを紐などで固定してブレーキを作動させておくと良いでしょう。スクーターなどパーキングブレーキがある場合にはそれを掛けます。次に、倒れた側のシートの横にしゃがみ、両膝を車体の下に入れます。上半身はタンクまたはシートに密着させます。この時、左手でハンドルを持ち、右手でシートフレーム等の丈夫なところを持ちます。

ここから曲げた足の脚力を使ってバイクを引き起こします。ここでのコツは、一気に力を込め立ち上がるつもりで引き起こすことです。使うのは腕力ではなく、曲げた足を伸ばして立ち上がる脚力です。また、両手でハンドルを持って引き起こす方法もあります。車両前方に向かって右側に倒れたバイクを引き起こす場合は、まずサイドスタンドを出してから、左側と同じような要領で引き起こしましょう。いずれの場合も、腕力や上半身の力だけで無理に引き上げようとすると、腰を痛める場合があり大変危険です。そして走行直後の場合は、エンジンやマフラーが高温であるためヤケドを負わないように注意しましょう。

転倒後のバイク、エンジンがかからなくなったら

バイクを転倒させてしまうと、地面に当たりやすいクランクケースや燃料タンク付近が破損してオイル類やガソリンが漏れ出す場合があります。このように外から見て異常が分かる場合にはすぐJAFに救援を依頼しましょう。しかし、時にはエンジン内部に異常をきたしている場合もあります。この場合、外から見ても異常に気づきにくいものです。この状態でセルを長時間回し続けてしまうとエンジンやバッテリーに大きな負担がかかります。なお、セルが回っているのにエンジンがかからない場合は、キルスイッチがOFFになったままということもあるので確認してください。どうしてもエンジンがかからない場合は、JAFに救援を依頼し、その後、信頼の置けるバイク店で点検する必要があります。

2020年07月現在

 

その他のQ&Aを検索する