【優待施設紹介】九重本舗 玉澤

お知らせ 宮城

2022年01月14日

仙台の老舗和菓子店“九重本舗 玉澤”をご紹介

プレゼント情報もございます!

九重本舗 玉澤の歴史

延宝3年(1675年)、玉澤伝蔵が仙台藩 第四代藩主 伊達綱村 公の招きにより近江の国(現在の滋賀県)から来府し、仙台藩のご城下・国分町に「御用御菓子司」として開業いたしましたのが"九重本舗 玉澤"の始まりです。
以来三百余年の長きに渡って和菓子作りの業と伝統を守り続けています。

 

九重本舗 玉澤の御菓子

九重

九重は屋号の由来ともなった玉澤の代表銘菓。
明治34年(1901年)、明治天皇の仙台行幸の際に創製中の菓子を献上し、お供の東久世通禧公より万葉の古歌にちなんでこの御菓子を「九重(ここのえ)」と命名された由緒ある御菓子。
白湯やソーダを注いで溶かしてお飲みいただくほかにも、ハイボール・スパークリングワインといったお酒や、アイスクリーム・ヨーグルトなどと合わせることで、九重独自の甘み・香り・食感をお楽しみいただけます。
※ひき茶、ゆず、ぶどうの3種類

ページ下部に九重のプレゼント情報がありますので是非ご覧ください。

しおがま

国内産の上質餅米を蒸して干し、青もみ紫蘇(シソ)を散らして仕上げた落雁風の押菓子です。地元・宮城県塩竈市で売り出されたことからその名が付けられました。伊達家にもお納めしていた「しおがま」は宮城・仙台だけでなく、全国各地のお客様からご愛顧いただいております。


【JAF優待内容】
対象店舗:本社工場直営店(会員本人のみ対象)
優待内容:1,000円以上商品購入の方に九重1袋進呈(ひき茶・ゆず・ぶどうのいずれか)
利用方法:会計時に会員証を提示

 

◆プレゼント情報!

九重本舗 玉澤「九重一杯分(15g)10本詰」を3名様にプレゼント

プレゼントの応募方法はこちらから