【優待施設紹介】冬を楽しもう!いつでも使える宮城県内おすすめJAF優待施設紹介

お知らせ 宮城

2021年12月15日

冬でも楽しめる宮城県内のJAF会員優待施設のご紹介です♪

花山温泉 温湯山荘 (栗原市)

外館
花山温泉温湯山荘は秋田県に通じる関所 【 国指定史跡・仙台藩花山村寒湯番所跡 】の隣にある宿。藩政時代にも湯宿として栄えました。
露天風呂
花山温泉の名湯は、お肌がしっとりすべすべの「美肌の湯」としても知られています。泉質は低張性弱アルカリ高温泉で、神経痛、筋肉痛、慢性皮膚病、慢性婦人病、リウマチなどに効果があるといわれています。季節の移ろいを映し出す山々を望み、川のせせらぎや、鳥の囀りを聞きながらの露天風呂は格別です。

施設名/花山温泉 温湯山荘
住所/〒987-2511 宮城県栗原市花山本沢温湯15-1
電話/0228-56-2040
営業時間・休館日等の最新情報は施設HPにてご確認をお願い致します。
<JAF通年優待情報>
①日帰り入浴料100円引 (受付時にJAF会員証提示)
②ご宿泊の方お銚子1合もしくはソフトドリンク1本サービス(電話予約時にJAF会員である旨を伝え、当日会員証提示)
優待対象人数:①②ともに会員含む2名まで

鎌先温泉 最上屋旅館 (白石市)

旅館外館
最上屋旅館は江戸時代から湯治場として人々に親しまれてきました。最上屋の茶色のにごり湯は、少しぬるめですが、その分ゆっくりと長湯をお楽しみ頂けます。お料理は一品一品手作りの季節の味わいをお召し上がり頂いております。日常を離れ、日々の疲れを当館の薬湯で癒して頂けると幸いです。
大浴場
「奥州の薬湯」と呼ばれる最上屋の茶色のにごり湯は、鉄分を多く含んだ食塩泉で、湯上り後に大変温まるお湯です。昔ながらの温泉のあり方にこだわり、この良く効くお湯を加水も循環もせず、贅沢に使っております。効果は折り紙付です。

施設名/鎌先温泉 最上屋旅館
住所/〒989-0231 宮城県白石市福岡蔵本鎌先1-35
電話/0224-26-2131
営業時間・休館日等の最新情報は施設HPにてご確認をお願い致します。
<JAF通年優待紹介>
日帰り入浴料 大人 500円→400円(受付時にJAF会員証提示)
対象人数:会員含む2名まで

石ノ森萬画館 (石巻市)

凧揚げ(マンガッタンお正月2021)
マンガッタンお正月2022

石ノ森萬画館は、2022年も元日から元気に開館します! 餅つき大会が2年ぶりに復活!お子様も体験できるほか、つきたてのお餅を「きなこ」と「ごま」でふるまいます。 また館外では、お正月恒例の凧揚げやスポーツ羽根つき、コマ回しなどで遊ぶことができます。
出張萬画神社(マンガッタンお正月2019)
石ノ森先生のご神体を祀る萬画神社が館内に登場! 2022年の願いや抱負を絵馬に書いて飾ろう。その他、イベントが盛り沢山! 詳しくは、石ノ森萬画館の公式サイトをチェック!

開催場所:石ノ森萬画館 (宮城県石巻市中瀬2-7)
開催日時:2022年1月1日(土・祝)~2日(日) 9:00~17:00
お問合せ:0225-96-5055

<JAF通年優待紹介>
観覧料 20%割引(受付時にJAF会員証提示)
対象人数:会員含む6名まで

地獄の味噌拉麺 小京都村田町本店だいずグループ(村田町)

地獄の味噌拉麺「15辛 羅生門」
小京都村田発祥、地獄の味噌拉麺を提供する人気ラーメン店です。 寒い冬に特にオススメのメニューは、店名にも冠されている「地獄の味噌拉麺」です。 「東北一辛いラーメンが作りたい」そんな思いから誕生した一品で、 お店の名物メニューとなっています。辛さは4段階から選べますが、写真は「15辛 羅生門」。真っ赤なビジュアルが食欲をそそります。今年の冬は「地獄の味噌拉麺」で身体の芯から温まってみてはいかがでしょうか。
味の変化を楽しめる三色味噌ラーメン
もちろん辛くないラーメンもあります! 「白」「赤」「黒」の個性の異なる3種類の味噌拉麺に、その3種類それそれの旨さを1杯に凝縮した「三色味噌拉麺」。 さらに「醬油ラーメン」や汁なしの「油そば」「まぜそば」など、バリエーション豊かなメニューが魅力です。 ご家族やお友達同士のグループでのご利用にもオススメのお店です。

施設名/地獄の味噌拉麺 小京都村田町本店だいずグループ
住所/〒989-1302 宮城県柴田郡村田町小泉字西浦8-2
電話/0224-86-5939

<JAF通年優待紹介>
麺類注文の方 味玉1個または大盛りサービス(注文時にJAF会員証提示)
対象人数:会員含む1グループ