【優待施設紹介】九重本舗 玉澤

お知らせ 宮城

2021年10月19日

仙台の老舗和菓子店“九重本舗 玉澤”をご紹介

プレゼント情報もございます!

九重本舗 玉澤の歴史

延宝3年(1675年)、玉澤伝蔵が仙台藩 第四代藩主 伊達綱村 公の招きにより近江の国(現在の滋賀県)から来府し、仙台藩のご城下・国分町に「御用御菓子司」として開業いたしましたのが"九重本舗 玉澤"の始まりです。
以来三百余年の長きに渡って和菓子作りの業と伝統を守り続けています。

 

九重本舗 玉澤の御菓子

九重

九重は屋号の由来ともなった玉澤の代表銘菓。
明治34年(1901年)、明治天皇の仙台行幸の際に創製中の菓子を献上し、お供の東久世通禧公より万葉の古歌にちなんでこの御菓子を「九重(ここのえ)」と命名された由緒ある御菓子。
白湯やソーダを注いで溶かしてお飲みいただくほかにも、ハイボール・スパークリングワインといったお酒や、アイスクリーム・ヨーグルトなどと合わせることで、九重独自の甘み・香り・食感をお楽しみいただけます。
※ひき茶、ゆず、ぶどうの3種類

ページ下部に九重のプレゼント情報がありますので是非ご覧ください。

霜ばしら(冬季限定)

10月から4月まで販売される冬季限定商品の「霜ばしら」。
口に含むと舌の上でとろけ、巡る季節を感じる風雅な香りと甘露が織りなす冬の幻は、まさに餡の芸術品。
毎年SNSで話題になり、オンラインショップでもソールドアウトになる人気商品。
オンラインショップでの予約再開は九重本舗 玉澤の公式Twitterにてお知らせしているので、入手したい方は是非フォローを。
https://twitter.com/tamazawasendai
1缶あたりおおよそ40枚ほどの飴が入っております


【JAF優待内容】
対象店舗:本社工場直営店(会員本人のみ対象)
優待内容:1,000円以上商品購入の方に九重1袋進呈(ひき茶・ゆず・ぶどうのいずれか)
利用方法:会計時に会員証を提示

 

◆プレゼント情報!

九重本舗 玉澤「九重一杯分(15g)10本詰」を3名様にプレゼント

プレゼントの応募方法はこちらから