宮城県内で自転車を利用される皆さまへ

お知らせ 宮城

2021年03月04日

宮城県自転車安全利用条例が施行されます【2021年4月1日】

(提供:宮城県)
この条例は、自転車の安全利用を促して事故を防ぎ、県民が安心して暮らすことができる地域社会の実現を図ることを目的とし、県や自転車利用者等の責務について明確化するとともに、自転車損害賠償保険等への加入義務化が主な内容です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
道路通行時は交通ルールを遵守し、自転車安全利用五則を実践しましょう

1、自転車は、車道が原則、歩道は例外
2、車道は左側を通行
3、歩道は歩行者優先で、車道寄りを通行
4、安全ルールを守る
・飲酒運転、二人乗り、並進の禁止
・夜間はライトを点灯
・交差点での信号遵守と一時停止、安全確認
5、ヘルメットを着用  

<宮城県公式ウェブサイトより抜粋>

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

この条例は宮城県にお住まいの方だけではなく、通勤・通学などで宮城県内を自転車利用する方も対象となります。整備不良や故障した自転車による事故を防ぐため自転車の定期的な点検をおこない、保険加入状況も確認しておきましょう。
自転車利用をする皆さまへ
自転車はクルマと同じ「車両(軽)」の仲間です。道路交通法などの交通ルールを守り、自転車事故による深刻な頭部へのダメージ軽減のためにもヘルメットを着用しましょう。特に自転車利用時に注意したい違反項目として、指定場所での一時不停止が挙げられますが、見通しの悪い交差点狭い道路から大通りに出るときなど、一時停止の標識や路面標示がない場所でも、安全確認のため一時停止をおこないましょう。

一時停止をおこなう目的は【安全の確認】と【事故防止】です。右側の写真のように「足をペダルから離し、地面に着地して停止する」ことで、右・左の状態や交差点内の状況をしっかり確認することができます。 また、少しづつ進みながら右左の確認(惰性走行)は不安定になるため危険です。一時停止とは停止線の手前で停止することですので【速度を0kmにする】➡【足が地面に付く】➡【しっかり安全確認をおこなう】ということを意識して取り組みましょう。

おとうさん、おかあさんへ

お子さんに自転車の乗り方だけではなく、道路標識の意味近所の危険な場所、自転車利用時の注意点など、大切な交通ルールについても繰り返し教えてあげてください

自転車通学をする高校生の皆さんへ

自転車利用時に「イヤホンで音楽を聴きながら」の自転車利用はやめましょう。自転車利用中は耳(聴覚)からの情報がとても重要です。周囲の音の大きさで距離方向、場合によっては迫ってくる危険を察知することもできるので、大好きな音楽を聴きながら自転車を利用するのではなく、自分の安全のため、周りの環境の音に注意しながら自転車通学をしましょう。

今後もJAF宮城支部は、宮城県や宮城県警察など各関係団体と連携を図り、交通安全の啓発活動を推進していきます。