【第2回】まーちゃんの長崎探訪 ~長崎市内あじさい名所巡りの巻~

お知らせ 長崎

2020年06月26日

2回目となりました「まーちゃんの長崎探訪」!

今月も長崎支部のまーちゃんが長崎県内のさまざまな場所を巡ってみなさんにご紹介していきます。

こんにちは!長崎支部のまーちゃんです♪
今回の長崎探訪のテーマは「あじさい」!
6月から7月はあじさいの見ごろであり、長崎市では市の花として親しまれ色々な場所で鑑賞することができます。
長崎市内にたくさんあるあじさいの名所。特にまーちゃんが気に入った5スポットをみなさんにご紹介します!

長崎のご当地情報では、県内のおでかけ情報をご案内しています。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、当面の間お出かけの際は予防対策を徹底し、密を避けてお過ごしください。
また施設の営業時間等やイベントの内容は変更になる場合がございます。事前にご確認ください。

シーボルト宅跡・シーボルト記念館

シーボルトの愛した「オタクサ」

こちらはシーボルト宅跡・シーボルト記念館です!
あじさいは日本原産の花で、世界にあじさいを広めたのは出島のオランダ商館医・シーボルト。江戸時代にオランダから来日し、日本人に対する医学教育をおこないました。シーボルトは愛する人の名前からあじさいに「オタクサ」と学名を付けヨーロッパに紹介したことで世界中で栽培されるようになりました。長崎では現在でもあじさいのことをオタクサとして呼び親しみ、市の花として市民に愛されています。

さまざまな種類のあじさいが鑑賞できます

シーボルト像の前にはさまざまな種類のあじさいが並べられていて、あじさいで作られた道が記念館まで繋がっています。

所在地:長崎県長崎市鳴滝2丁目7−40

眼鏡橋

あじさい×眼鏡橋

毎年、眼鏡橋のある中島川沿いには、たくさんの鉢植えのあじさいが設置され多くの人が足を止め楽しみます。
こちらもたくさんの種類のあじさいがあり、眼鏡橋とあじさいが一緒に映る写真を撮ればとてもSNS映えしますね~
夜も街燈に照らされて一段とレトロな雰囲気になりそう♡どの角度から撮っても映える~

地植えのあじさいも楽しめます

中島川沿いの歩道の植え込みにもあじさいがいっぱい~あじさい以外も植わっていますね。気温が上がってきたので鉢植えのものより木陰のある地植えのほうがイキイキしているように見えます。

所在地:長崎県長崎市魚の町

グラバー園

長崎の定番観光地

長崎観光にもあじさい巡りにも欠かせないスペシャルなスポット、グラバー園!
園内には四季の花が咲き誇っていますが、この季節はやっぱりあじさい!国指定重要文化財を含む洋館をあじさいと一緒に撮ればここも写真映えしますね~

JAFの優待も使える!

グラバー園はJAFの会員優待が使える施設!おトクに楽しめちゃうなら行くしかないですね!
みなさまもぜひ足を運んで、いっぱい写真を撮ってください~

所在地:長崎県長崎市南山手町8−1

風頭公園

晧台寺(こうだいじ)

あじさいの原種「ガクアジサイ」

日本の偉人たちの墓地が多く建てられている晧台寺。ここではあじさいの原種である「ガクアジサイ」を見ることができます。
ガクアジサイは一般的なあじさいと異なり、中心に集まっている小さい蕾のような花を大きい花が額縁のように囲って咲くため、この名前が付けられたそうです!

お寺の方が大事に育てている地植えのガクアジサイ

ガクアジサイはホンアジサイ(手まりのようにまあるく咲く一般的なあじさい)に比べ、繊細な茎をもつのが特徴で鉢植え・地植え問わず細い茎で可憐です。
お寺の方がたくさんお水をあげているとのことで、元気いっぱい咲いていました!

所在地:長崎県長崎市寺町1-1

あじさいはまだまだ見ごろ!みなさんも足を運んでみては?

あじさいにうもれるまーちゃん
今回は長崎市内のあじさいの名所をご紹介いたしました!
次回もおたのしみに!

■まーちゃんシリーズ
【第1回】まーちゃんの長崎探訪~長崎駅周辺の巻~

長崎の魅力を再発見

長崎の旬な情報をチェック!