有償運送許可の研修を初開催!!

お知らせ 大阪

2020年11月25日

「事故車等の排除業務係る有償運送許可」のための研修

JAF関西本部は、1118日(水)JAF奈良支部で一般公募による自動車関連事業者向けの「事故車等の排除業務に係る有償運送許可」(以下、有償運送許可)のための研修を初開催いたしました。

初の試みでしたが7名の方に受講していただきました。

「事故車等の排除業務に係る有償運送許可」とは

道路上で事故や故障のため自走できない車両を有料で車積載車(自家用の白ナンバー)を用いて運送する場合に必要な許可です(国土交通省の許可)。

許可を取得するには、一定条件の保険加入と国土交通省が指定した団体の実施する研修を受講することが必要となります。

また有償運送許可が運用できる範囲は、有償運送許可を受けた国土交通省運輸支局管轄区域内であり、管轄区域内の道路上で、事故または故障により自走できない状態の現場から最寄りの自動車販売店、整備工場、車両置場までになります。


研修は、座学と実技研修を実施しました

座学講習

有償運送許可に付した条件や制度の趣旨、関係法令、安全対策、車両(車積載車・お客様車両)の取り扱い、電気・ハイブリット・燃料電池車の取り扱いなど、事故事例と共にスライドや動画を用いた研修と理解度確認(学科テスト)をおこないました。

実技講習

安全な運転姿勢の検証、安全資機材の目視による効果確認、車積載車での安全な積込・固縛(車を固定すること)作業、電気・ハイブリット車などの高電圧遮断方法や配線の見分けなど特別注意が必要な取り扱いに関することを実際の車両を用いて研修をしました。


固縛状態確認と車両特性の説明

安全資機材の視覚効果検証

電気、ハイブリット車電源遮断装置の取り扱い

安全運転姿勢の検証

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウィルス対策として、使用前使用後のアルコール消毒、実技中はゴム手袋着用、車内座席にはナイロン袋をかけてその都度交換、など感染予防に努めました。

JAF
関西本部主催の本年度分研修は終了いたしましたが、他地方では今後も研修開催を予定しております。

詳しくは下記ホームページ内、開催地のJAF担当者へお問い合わせください。