【冬ドライブ】浅口市特集 ~絶景と風情に出会えるまち~

お知らせ 岡山

2020年11月10日

浅口市ってこんなところ


岡山県南西部に位置する浅口市。
「鴨方」「金光」「寄島」の3エリアから成り立つ岡山県一コンパクトな市です。
美しい風景や絶品グルメなど、冬ドライブにおすすめなスポットが充実しています。
ぜひお出かけください!

浅口市おすすめスポット

遙照山総合公園・展望台 (金光町上竹)


標高約400mの遙照山の頂上付近にある総合公園。
グラウンド、多目的広場、芝生公園、展望台があります。
展望台からは瀬戸内海を一望でき、水島工業地帯、瀬戸大橋、遠くは四国まで見渡すことができます。
また、散策道もあるため、ゆったりと景色を楽しみながらウォーキングを楽しむこともできます。

 

 


展望台からの夜景は、日本夜景100選に選ばれており、映画のロケ地にもなりました。

岡山天文博物館 (鴨方町本庄)


プラネタリウムや四次元デジタル宇宙シアター、展示室など、宇宙を身近に体験できる市立博物館です。
12月には、観望会やクリスマスプラネタリウムなどのイベントも開催予定です。
またミュージアムショップでは、宇宙食や天文グッズのほか、浅口の特産品も購入することができます。

 


晴天率が高いことや大気が安定していることなど、天体観測の好条件を備えたこの地は古くから数々の天文家が活躍し、国内初の大望遠鏡も設置され天文学のメッカとして知られてきました。
まちのシンボルにもなっている、建設当時東洋一の口径を誇った国立天文台(当時は東京天文台)ハワイ観測所岡山分室の188cm反射望遠鏡(通称「ナナヨン」)も、地元の人々に長らく親しまれてきました。
同じ敷地内には、2018年夏、口径3.8mの京都大学せいめい望遠鏡が完成し、2019年春から観測がスタートしました。
国立天文台188cm反射望遠鏡とともに、見学コースにもなっています。

かも川手延素麺 麺蔵人 (鴨方町小坂東)


備中鴨方は江戸時代より手延素麺のまちとして知られています。
刃物を使わず、「熟成」と「延ばし」を繰り返した手延べ麺はしっかりとした弾力と独特のコシが生まれ、つきたてのお餅のようなもっちり感とツルツルッとした喉越しが特徴です。

★かも川手延素麺の冬のおススメ★
釜あげでうどんそのものの素材の味を楽しんでください。
また、煮崩れしにくい麺ですので、鍋物等煮込み料理にもよく合います。
そうめんも手延製ですので、「にゅうめん」などで温かくして朝食などで食べていただくのもおすすめです!



 


麺蔵人では、造りたて延ばしたての「生」うどんを提供しており、うどん料理の醍醐味を味わうことができます。

【JAF会員優待情報】
2,000円(税別)以上購入の方めんつゆ(20ml×5食分)進呈
※会員のみ対象。会計時にJAF会員証をご提示ください。

丸本酒造 (鴨方町本庄)


慶応3年創業。自社で酒米作りを行い、北米、欧州のオーガニック認証を受けています。
明治期に欧米からもたらされた、洋風小屋組の構造体を見せる酒蔵内部は、近代初頭の酒造りの空間が残っており、国の「登録有形文化財」に指定され、文化財指定された蔵の中では、現在も酒造りが行われています。
開催日のみ、蔵見学(要予約)も行っていますので、施設までお問合せください。

かもがた町家公園 (鴨方町鴨方)


江戸時代に築造された2棟の町家と土蔵、井戸、土堀、庭園を修復した史跡ゾーンと、四季折々の古典植物が楽しめる伝統植物園などの景観ゾーンからなる面歴史公園で、「日本の歴史公園100選」に選定されています。
冬場は園内の「まちや亭」では、温かいおそうめんを食べることができます。(木~日・数量限定)
また、ボランティアスタッフによる季節のイベントも開催されます。

おススメ特産品!

よりしま牡蠣

寄島沖では潮位差によってプランクトンが多く発生するため濃厚で味わい深いカキに育ちます。
毎年11月~3月頃にかけては、カキ直売所がずらりとオープン!新鮮な獲れたてカキを安価で購入することができます。
お店(一部)では焼きガキの試食が行われています。



【問合せ】寄島町漁業協同組合 (浅口市寄島町13003-38) TEL:0865-54-2030 ※水曜定休