【写真で解説】狩野川台風の記録

お知らせ 静岡

2020年06月10日

狩野川台風 1958年(昭和33年)9月26日~9月28日

【概要】

1958年(昭和33年)9月21日にグアム島の東の海上で台風22号が発生し、その後発達しながら北上、中心気圧940hpa、中心付近の最大風速70m/sと強い勢力を保ったまま、伊豆半島南部付近を9月26日21時過ぎに通過しました。狩野川上流域で記録的な豪雨を観測し、多数の土砂崩れが発生するとともに、中下流域ではいたるところで堤防が決壊して大洪水となりました。この狩野川台風により死者・行方不明者853名、堤防の決壊24箇所、家屋の全半壊・流出・浸水による被害6,775戸という甚大な被害をもたらしました。
〈参考文献:「狩野川台風の記憶をつなぐ会」国土交通省中部地方整備局沼津河川国道事務所〉

画像提供 国土交通省 中部地方整備局 沼津河川国道事務所

2019年台風19号では、台風上陸前から「狩野川台風級」や「狩野川台風に匹敵」などという表現がされました。
災害危険度を伝える手法として、今後も過去事例を引用した警戒の呼びかけがされます。
自らの判断で適切に避難行動をとるために、この「狩野川台風」の教訓を忘れずにいましょう。

写真提供:国土交通省 中部地方整備局 沼津河川国道事務所
※写真下の文言は、写真タイトルをそのまま掲載しています。

【狩野川流域の浸水・被害状況】

各所で破提決潰せる狩野川 南条破提ヶ所より下流方向を望む
口野方向より江間を望む
肥田方向より望む、蛇が橋附近の流木状況
城山より中島、田京を望む
熊坂地区
20-21 惨!熊坂部落

永代橋に堆積した流木群(沼津市仲町 昭和33年9月27日)

国道1号線の冠水状況(沼津市三枚橋付近・水深1メートル)

中伊豆町冷川小学校も一教室を残して壊滅した
トラックが庭へ打ち上げられた、傾いた電柱の下
悪魔のような奔流が駆け抜けたあとの丸山町
悪夢
水害の翌日の校舎と校庭(散在しているのは流木)昭和33年9月27日
塚本地区に堆積した流木 塚本破堤L=約80mより堤内地に流入

JAF静岡支部の「防災コーナー」

「狩野川台風」の教訓を忘れないために当時の写真を展示しています。

狩野川台風(1958年9月26日)が発生してから60年以上が経過しています。当時の被害の大きさや水害の恐ろしさを学び、台風や豪雨災害などに備えることが大切です。
そこで、JAF静岡支部の店頭では狩野川台風の当時の写真やハザードマップ、「避難行動判定フロー」「レスキューハンマーの注意事項」などを展示して注意を促しています。